スーパースターの共演

セイ・セイ・セイ/ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン

1983年
マイケル・ジャクソンとポール・マッカートニーが共演するのはこれが2回目。「今夜はビート・イット」ではエドワード・バン・ヘイレンと共演している。

オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ/ビートルズ

1968年
「マイ・ギター・ジェントリー・ウイープス」でエリック・クラプトンがギターを弾いている。

ヒート・オブ・ザ・モーメント/エイジア

1982年
ボーカルは元キング・クリムゾン、UK、ギターは元イエス、ドラムは元エマーソン・レイク&パーマー、キーボードは元バグルス、イエス。音は大人っぽいポップ。アルバムは82年の最大ヒット作になった。

イージー・ラヴァー/フィリップ・ベイリー、フィル・コリンズ

1984年
アース・ウィンド&ファイアのボーカルとジェネシスのドラム、ボーカルの共演。メインはフィリップ・ベイリーになっているが、知名度やヒット作の多さで言えばフィル・コリンズの方が大きい。

ザナドゥ/オリビア・ニュートン・ジョン、エレクトリック・ライト・オーケストラ

1980年
変型ジャケット。真ん中がくりぬいてある。

パラダイス/マイク・レノ、アン・ウィルソン

1984年
マイク・レノはラヴァーボーイのボーカル。アン・ウィルソンはハートのボーカル。「フットルース」の主題歌。サウンドも80年代中期のラヴァーボーイとハートそのまま。
  1. 60年代アメリカ(1960-65年)
  2. 60年代アメリカ(1966-69年)
  3. 60年代アメリカ
  4. 60年代アメリカのカレッジ・フォーク
  5. アメリカ(1970年)
  6. アメリカ(1971-72年)
  7. アメリカ(1972年)
  8. アメリカ(1973-75年)
  9. アメリカ(1976-78年)
  10. アメリカ(1979-80年)
  11. アメリカ(70年代)
  12. アメリカ(70年代)(その2)
  13. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その1)
  14. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その2)
  15. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その3)
  16. ウエスト・コースト・ロック
  17. アダルト・オリエンテッド・ロック(その1)
  18. アダルト・オリエンテッド・ロック(その2)
  19. 60年代イギリス(その1)
  20. 60年代イギリス(その2)
  21. 70年代イギリス(1970-71年)
  22. 70年代イギリス(1972-80年)
  23. 70年代イギリス(1972-1980年)(その2)
  24. 70年代イギリス(1972-80年)(その2)
  25. ブリティッシュ・ハード・ロック
  26. 70年代ブリティッシュ・ロック
  27. 80年代イギリス
  28. ハードロック、ヘビーメタル
  29. 80年代(その1)
  30. 80年代(その2)
  31. 60、70年代ヨーロッパほか
  32. 60、70年代ヨーロッパ(ドイツ、スイス)
  33. ダッチ・サウンド
  34. ダッチ・サウンド(その2)
  35. アバ(その1)
  36. アバ(その2)
  37. アバ(その3)
  38. ロシア・北欧
  39. エキゾチック・サウンド
  40. カーペンターズ
  41. カナダ
  42. カリフォルニア
  43. ギター
  44. コージー・パウエル
  45. ファッション
  46. スターズ・オン45
  47. 70年代ディスコ
  48. 70年代ディスコ(その2)
  49. カバー曲
  50. バブルガム・ミュージック(その1)
  51. バブルガム・ミュージック(その2)
  52. ビートルズ人気に便乗
  53. ブラス・ロック(その1)
  54. ブラス・ロック(その2)
  55. ベイ・シティ・ローラーズ
  56. 一発屋
  57. 一発屋の次のシングル
  58. 映画のテーマ(60、70年代)
  59. 映画のテーマ(60、70年代)2
  60. 映画のテーマ(80年代)
  61. 映画のテーマ(80年代、ロック系)
  62. ジャケット
  63. 兄弟と家族
  64. 個性の強い女性
  65. ソウル(その1)
  66. ソウル(その2)
  67. モータウン
  68. 女性グループ
  69. 小ヒット
  70. 全米1位
  71. 男女混声ハーモニー
  72. 日本だけのヒット
  73. 日本人がカバー
  74. ボストン
  75. ダンヒル・サウンド
  76. スーパースターの共演