アメリカ(1979-80年)

夢のアメリカ/ルビコン

1979年
現ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ、ブラッド・ギルス在籍。ホーン・セクションが2人いる。ファンク・ロックを標榜。

彼女はウェイト・フォー・ミー/エアプレイ

1980年
一枚しかアルバムを出していないがAOR ファンの間では大傑作のような扱い。気持ちいいくらい爽快な曲が並ぶ。

オネスティ/ビリー・ジョエル

1979年
日本ではこれが代表作となっている。ばんばひろふみの「サチコ」のサビに似ているという人がいる。

コール・ミー/ブロンディ

1980年
ニューヨーク・パンクのバンドとして見られることもあるが、全米1位ヒットが4曲もあり、商業的に成功したバンド。その中でも飛び抜けてヒットしたのがこの曲。映画の「アメリカン・ジゴロ」で使用されたからヒットした、とも言える。女声ボーカルのデボラ・ハリーは当時の女性ロック・アーティストで最高の人気を得た。

愛にときめいて/アンブロージア

1980年
デビュー当初はアメリカン・プログレッシブ・ハード・ロックだったが、徐々にAORにシフト。「アンブロージア」はギリシャ神話の「不老不死の食べ物」。「不老不死の飲み物」はネクターという。不二家のネクターはそこから来ている。

クルージン・J・タウン/ヒロシマ

1980年
ロサンゼルスの日本人街から出てきたグループ。フュージョン風のサウンドに和太鼓や琴のような音を入れ、日本人らしさを出している。1998年にはロサンゼルスのアルメニア人社会からシステム・オブ・ア・ダウンが出てきている。
  1. 60年代アメリカ(1960-65年)
  2. 60年代アメリカ(1966-69年)
  3. 60年代アメリカ
  4. 60年代アメリカのカレッジ・フォーク
  5. アメリカ(1970年)
  6. アメリカ(1971-72年)
  7. アメリカ(1972年)
  8. アメリカ(1973-75年)
  9. アメリカ(1976-78年)
  10. アメリカ(1979-80年)
  11. アメリカ(70年代)
  12. アメリカ(70年代)(その2)
  13. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その1)
  14. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その2)
  15. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その3)
  16. ウエスト・コースト・ロック
  17. アダルト・オリエンテッド・ロック(その1)
  18. アダルト・オリエンテッド・ロック(その2)
  19. 60年代イギリス(その1)
  20. 60年代イギリス(その2)
  21. 70年代イギリス(1970-71年)
  22. 70年代イギリス(1972-80年)
  23. 70年代イギリス(1972-1980年)(その2)
  24. 70年代イギリス(1972-80年)(その2)
  25. ブリティッシュ・ハード・ロック
  26. 70年代ブリティッシュ・ロック
  27. 80年代イギリス
  28. ハードロック、ヘビーメタル
  29. 80年代(その1)
  30. 80年代(その2)
  31. 60、70年代ヨーロッパほか
  32. 60、70年代ヨーロッパ(ドイツ、スイス)
  33. ダッチ・サウンド
  34. ダッチ・サウンド(その2)
  35. アバ(その1)
  36. アバ(その2)
  37. アバ(その3)
  38. ロシア・北欧
  39. エキゾチック・サウンド
  40. カーペンターズ
  41. カナダ
  42. カリフォルニア
  43. ギター
  44. コージー・パウエル
  45. ファッション
  46. スターズ・オン45
  47. 70年代ディスコ
  48. 70年代ディスコ(その2)
  49. カバー曲
  50. バブルガム・ミュージック(その1)
  51. バブルガム・ミュージック(その2)
  52. ビートルズ人気に便乗
  53. ブラス・ロック(その1)
  54. ブラス・ロック(その2)
  55. ベイ・シティ・ローラーズ
  56. 一発屋
  57. 一発屋の次のシングル
  58. 映画のテーマ(60、70年代)
  59. 映画のテーマ(60、70年代)2
  60. 映画のテーマ(80年代)
  61. 映画のテーマ(80年代、ロック系)
  62. ジャケット
  63. 兄弟と家族
  64. 個性の強い女性
  65. ソウル(その1)
  66. ソウル(その2)
  67. モータウン
  68. 女性グループ
  69. 小ヒット
  70. 全米1位
  71. 男女混声ハーモニー
  72. 日本だけのヒット
  73. 日本人がカバー
  74. ボストン
  75. ダンヒル・サウンド
  76. スーパースターの共演