アメリカ(1976-78年)

バラクーダ/ハート

1977年
ハートの日本デビュー盤。ロックの世界では最も成功した姉妹のひとつか。80年代後半に全盛期を迎える。

甘い罠/チープ・トリック

1977年
日本で人気に火がつき、「アット武道館」でアメリカでも人気が出た。

衝撃のファースト・タイム/フォリナー

1977年
デビュー盤。元ストーリーズのボーカル、イアン・ロイドのソロ作を通じて生まれたバンド。このころは哀愁を帯びたサウンドだったが、セカンド・アルバム発表後は巨大なセールスを記録するスーパーバンドに成長した。

溢れる愛/ニコレット・ラーソン

1978年
セッション・ボーカリストとしてバン・ヘイレンやニール・ヤング、リンダ・ロンシュタットの作品に参加している。この曲はニール・ヤング作曲。ジャケットはとてもキュートだ。97年死去。

マイルズ・アウェイ/フォトメーカー

1978年
ラズベリーズとラスカルズのメンバーが組んだバンド。 ポップでラジオ受けする曲だがブレイクしなかった。ハード・ロックとポップの中間を行くようなバンドは評価が低く抑えられる傾向にある。

グッバイ・ガール/デイヴィッド・ゲイツ

1978年
ブレッドのリーダー。70年代屈指の名曲として有名。映画の主題歌。
  1. 60年代アメリカ(1960-65年)
  2. 60年代アメリカ(1966-69年)
  3. 60年代アメリカ
  4. 60年代アメリカのカレッジ・フォーク
  5. アメリカ(1970年)
  6. アメリカ(1971-72年)
  7. アメリカ(1972年)
  8. アメリカ(1973-75年)
  9. アメリカ(1976-78年)
  10. アメリカ(1979-80年)
  11. アメリカ(70年代)
  12. アメリカ(70年代)(その2)
  13. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その1)
  14. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その2)
  15. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その3)
  16. ウエスト・コースト・ロック
  17. アダルト・オリエンテッド・ロック(その1)
  18. アダルト・オリエンテッド・ロック(その2)
  19. 60年代イギリス(その1)
  20. 60年代イギリス(その2)
  21. 70年代イギリス(1970-71年)
  22. 70年代イギリス(1972-80年)
  23. 70年代イギリス(1972-1980年)(その2)
  24. 70年代イギリス(1972-80年)(その2)
  25. ブリティッシュ・ハード・ロック
  26. 70年代ブリティッシュ・ロック
  27. 80年代イギリス
  28. ハードロック、ヘビーメタル
  29. 80年代(その1)
  30. 80年代(その2)
  31. 60、70年代ヨーロッパほか
  32. 60、70年代ヨーロッパ(ドイツ、スイス)
  33. ダッチ・サウンド
  34. ダッチ・サウンド(その2)
  35. アバ(その1)
  36. アバ(その2)
  37. アバ(その3)
  38. ロシア・北欧
  39. エキゾチック・サウンド
  40. カーペンターズ
  41. カナダ
  42. カリフォルニア
  43. ギター
  44. コージー・パウエル
  45. ファッション
  46. スターズ・オン45
  47. 70年代ディスコ
  48. 70年代ディスコ(その2)
  49. カバー曲
  50. バブルガム・ミュージック(その1)
  51. バブルガム・ミュージック(その2)
  52. ビートルズ人気に便乗
  53. ブラス・ロック(その1)
  54. ブラス・ロック(その2)
  55. ベイ・シティ・ローラーズ
  56. 一発屋
  57. 一発屋の次のシングル
  58. 映画のテーマ(60、70年代)
  59. 映画のテーマ(60、70年代)2
  60. 映画のテーマ(80年代)
  61. 映画のテーマ(80年代、ロック系)
  62. ジャケット
  63. 兄弟と家族
  64. 個性の強い女性
  65. ソウル(その1)
  66. ソウル(その2)
  67. モータウン
  68. 女性グループ
  69. 小ヒット
  70. 全米1位
  71. 男女混声ハーモニー
  72. 日本だけのヒット
  73. 日本人がカバー
  74. ボストン
  75. ダンヒル・サウンド
  76. スーパースターの共演