ギタリスト

暗黒への旅路/マウンテン

1971年
マイケル・シェンカーが敬愛するレスリー・ウェストが弾いている。ボーカルはレスリー・ウェストとフェリックス・パパラルディが曲によって分担しているが、管理人はフェリックス・パパラルディの方が好きだ。

灼熱の大彗星/モントローズ

エドガー・ウィンター・グループに在籍し、「フランケンシュタイン」のヒットを飛ばしたロニー・モントローズが自分のバンドを組んだのがモントローズ。短いフレーズで印象的なメロディを持つリフを量産した。ボーカルは後にヴァン・ヘイレンに加入するサミー・ヘイガー、ベースはナイト・レンジャーでキーボードを弾いているアラン・フィッツ・ジェラルド、ドラムはハートのデニー・カーマッシ。意外にもアメリカではシングル・ヒットがひとつもない。

シェアー・ザ・ランド/ゲス・フー

1970年
イントロでいきなりチョーキングの泣きまくりギターから入る曲。「ノー・タイム」「ラーフィング」同様、サビのハイトーン・コーラスがいい。でもこれはランディ・バックマンじゃないんだな。ボーカルのバートン・カミングスは後にソロでもヒットを出す。

フロント・ページ・ニュース/ウィッシュボーン・アッシュ

アンディ・パウエルとテッド・ターナーのツイン・リード・ギターが後のブリティッシュ・ハード・ロックに大きな影響を与えた。特にジューダス・プリースト。

夜明けのない朝/テン・イヤーズ・アフター

1969年
ギター少年が増えるにつれ、ピッキング技術や速さに注目されることが多くなり、アルビン・リーの評価も高くなったような気がする。「ssssh」というアルバム・タイトルはどう読むのか。
  1. 60年代アメリカ(1960-65年)
  2. 60年代アメリカ(1966-69年)
  3. 60年代アメリカ
  4. 60年代アメリカのカレッジ・フォーク
  5. アメリカ(1970年)
  6. アメリカ(1971-72年)
  7. アメリカ(1972年)
  8. アメリカ(1973-75年)
  9. アメリカ(1976-78年)
  10. アメリカ(1979-80年)
  11. アメリカ(70年代)
  12. アメリカ(70年代)(その2)
  13. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その1)
  14. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その2)
  15. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その3)
  16. ウエスト・コースト・ロック
  17. アダルト・オリエンテッド・ロック(その1)
  18. アダルト・オリエンテッド・ロック(その2)
  19. 60年代イギリス(その1)
  20. 60年代イギリス(その2)
  21. 70年代イギリス(1970-71年)
  22. 70年代イギリス(1972-80年)
  23. 70年代イギリス(1972-1980年)(その2)
  24. 70年代イギリス(1972-80年)(その2)
  25. ブリティッシュ・ハード・ロック
  26. 70年代ブリティッシュ・ロック
  27. 80年代イギリス
  28. ハードロック、ヘビーメタル
  29. 80年代(その1)
  30. 80年代(その2)
  31. 60、70年代ヨーロッパほか
  32. 60、70年代ヨーロッパ(ドイツ、スイス)
  33. ダッチ・サウンド
  34. ダッチ・サウンド(その2)
  35. アバ(その1)
  36. アバ(その2)
  37. アバ(その3)
  38. ロシア・北欧
  39. エキゾチック・サウンド
  40. カーペンターズ
  41. カナダ
  42. カリフォルニア
  43. ギター
  44. コージー・パウエル
  45. ファッション
  46. スターズ・オン45
  47. 70年代ディスコ
  48. 70年代ディスコ(その2)
  49. カバー曲
  50. バブルガム・ミュージック(その1)
  51. バブルガム・ミュージック(その2)
  52. ビートルズ人気に便乗
  53. ブラス・ロック(その1)
  54. ブラス・ロック(その2)
  55. ベイ・シティ・ローラーズ
  56. 一発屋
  57. 一発屋の次のシングル
  58. 映画のテーマ(60、70年代)
  59. 映画のテーマ(60、70年代)2
  60. 映画のテーマ(80年代)
  61. 映画のテーマ(80年代、ロック系)
  62. ジャケット
  63. 兄弟と家族
  64. 個性の強い女性
  65. ソウル(その1)
  66. ソウル(その2)
  67. モータウン
  68. 女性グループ
  69. 小ヒット
  70. 全米1位
  71. 男女混声ハーモニー
  72. 日本だけのヒット
  73. 日本人がカバー
  74. ボストン
  75. ダンヒル・サウンド
  76. スーパースターの共演