80年代

ガラスのニューヨーク/ビリー・ジョエル

1980年
アメリカでの2大ヒットをカップリング。

ナイト・アウル/リトル・リバー・バンド

1981年
「追憶の甘い日々」「ロンサム・ルーザー」でオーリアンズより重厚なコーラスを聞かせていたオーストラリアのバンド。イントロからヘビーなギターリフ。

シティ・コネクション/エマニエル

1981年
日本では危うくオリコン1位を取るところだったが何とか2位でとどまった。来日もしてテレビで歌っていたが音程が危なかった。

フィジカル/オリビア・ニュートン・ジョン

1981年
それまでナンバー1ヒットを連発してたのに、それらをはるかに上回るスケールでバカ売れした最大ヒット曲。80年代に1位を10週以上獲ったシングルはこの曲しかない。

そよ風にくちづけ/アレッシー

1982年
男前だし曲は甘いしタイトルはさわやかだしフラミンゴマークはクリストファークロスと同じだし、なぜそれほど売れなかったのだろうか。

カム・バック/J.ガイルズ・バンド

1980年
全盛期のヒット。

ロックバルーンは99/ネーナ

1984年
西ドイツの西ベルリンのバンド。ニュー・ウェイブの影響があるポップなロック。ボーカルは女性で、キーボードが活躍する。印象的な邦題で覚えている人が多い。詩の内容は戦争の無意味さ。
  1. 60年代アメリカ(1960-65年)
  2. 60年代アメリカ(1966-69年)
  3. 60年代アメリカ
  4. 60年代アメリカのカレッジ・フォーク
  5. アメリカ(1970年)
  6. アメリカ(1971-72年)
  7. アメリカ(1972年)
  8. アメリカ(1973-75年)
  9. アメリカ(1976-78年)
  10. アメリカ(1979-80年)
  11. アメリカ(70年代)
  12. アメリカ(70年代)(その2)
  13. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その1)
  14. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その2)
  15. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その3)
  16. ウエスト・コースト・ロック
  17. アダルト・オリエンテッド・ロック(その1)
  18. アダルト・オリエンテッド・ロック(その2)
  19. 60年代イギリス(その1)
  20. 60年代イギリス(その2)
  21. 70年代イギリス(1970-71年)
  22. 70年代イギリス(1972-80年)
  23. 70年代イギリス(1972-1980年)(その2)
  24. 70年代イギリス(1972-80年)(その2)
  25. ブリティッシュ・ハード・ロック
  26. 70年代ブリティッシュ・ロック
  27. 80年代イギリス
  28. ハードロック、ヘビーメタル
  29. 80年代(その1)
  30. 80年代(その2)
  31. 60、70年代ヨーロッパほか
  32. 60、70年代ヨーロッパ(ドイツ、スイス)
  33. ダッチ・サウンド
  34. ダッチ・サウンド(その2)
  35. アバ(その1)
  36. アバ(その2)
  37. アバ(その3)
  38. ロシア・北欧
  39. エキゾチック・サウンド
  40. カーペンターズ
  41. カナダ
  42. カリフォルニア
  43. ギター
  44. コージー・パウエル
  45. ファッション
  46. スターズ・オン45
  47. 70年代ディスコ
  48. 70年代ディスコ(その2)
  49. カバー曲
  50. バブルガム・ミュージック(その1)
  51. バブルガム・ミュージック(その2)
  52. ビートルズ人気に便乗
  53. ブラス・ロック(その1)
  54. ブラス・ロック(その2)
  55. ベイ・シティ・ローラーズ
  56. 一発屋
  57. 一発屋の次のシングル
  58. 映画のテーマ(60、70年代)
  59. 映画のテーマ(60、70年代)2
  60. 映画のテーマ(80年代)
  61. 映画のテーマ(80年代、ロック系)
  62. ジャケット
  63. 兄弟と家族
  64. 個性の強い女性
  65. ソウル(その1)
  66. ソウル(その2)
  67. モータウン
  68. 女性グループ
  69. 小ヒット
  70. 全米1位
  71. 男女混声ハーモニー
  72. 日本だけのヒット
  73. 日本人がカバー
  74. ボストン
  75. ダンヒル・サウンド
  76. スーパースターの共演