アメリカ・カレッジ・フォーク

パフ/ピーター、ポール&マリー

1963年
この曲のボーカルはマリーではないが、女性をメイン・ボーカルに据えるグループはジャンルに関係なく話題になる。このジャンルのグループとしては珍しく、70年にも「悲しみのジェット・プレーン」をヒットさせている。

トライ・トゥ・リメンバー/ブラザーズ・フォア

1965年
60年代中期に日本でモダン・フォークが流行したとき、その多くは「ブラフォー」か「キントン」のフォロワーだった。

花はどこへ行った/キングストン・トリオ

1962年
その「キントン」。アメリカのカレッジ・フォークといえば「花はどこへ行った」か「パフ」あたりが最初に出てくるくらいに有名。

こげよマイケル/ハイウェイメン

1961年
中学生の英語の教科書にも載っている有名曲。

グリーン・グリーン/ニュー・クリスティー・ミンストレルズ

1963年
バリー・マクガイア(「明日なき世界」)やキム・カーンズ(「ベティ・デイビスの瞳」)も在籍していたという。この曲のリード・ボーカルはバリー・マクガイア。日本の伊東きよ子も在籍したことがある。「チム・チム・チェリー」「この祖国は君の祖国だ」(ウディ・ガスリーのカバー)も有名。

野にかける白い馬のように/ニュー・クリスティー・ミンストレルズ

1969年
映画の主題歌。B面はビートルズの「ヘイ・ジューダス」をバックに「幻のアトランティス」の語りが入り、後半には別の曲が「ヘイ・ジュード」に統合される曲。
  1. 60年代アメリカ(1960-65年)
  2. 60年代アメリカ(1966-69年)
  3. 60年代アメリカ
  4. 60年代アメリカのカレッジ・フォーク
  5. アメリカ(1970年)
  6. アメリカ(1971-72年)
  7. アメリカ(1972年)
  8. アメリカ(1973-75年)
  9. アメリカ(1976-78年)
  10. アメリカ(1979-80年)
  11. アメリカ(70年代)
  12. アメリカ(70年代)(その2)
  13. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その1)
  14. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その2)
  15. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その3)
  16. ウエスト・コースト・ロック
  17. アダルト・オリエンテッド・ロック(その1)
  18. アダルト・オリエンテッド・ロック(その2)
  19. 60年代イギリス(その1)
  20. 60年代イギリス(その2)
  21. 70年代イギリス(1970-71年)
  22. 70年代イギリス(1972-80年)
  23. 70年代イギリス(1972-1980年)(その2)
  24. 70年代イギリス(1972-80年)(その2)
  25. ブリティッシュ・ハード・ロック
  26. 70年代ブリティッシュ・ロック
  27. 80年代イギリス
  28. ハードロック、ヘビーメタル
  29. 80年代(その1)
  30. 80年代(その2)
  31. 60、70年代ヨーロッパほか
  32. 60、70年代ヨーロッパ(ドイツ、スイス)
  33. ダッチ・サウンド
  34. ダッチ・サウンド(その2)
  35. アバ(その1)
  36. アバ(その2)
  37. アバ(その3)
  38. ロシア・北欧
  39. エキゾチック・サウンド
  40. カーペンターズ
  41. カナダ
  42. カリフォルニア
  43. ギター
  44. コージー・パウエル
  45. ファッション
  46. スターズ・オン45
  47. 70年代ディスコ
  48. 70年代ディスコ(その2)
  49. カバー曲
  50. バブルガム・ミュージック(その1)
  51. バブルガム・ミュージック(その2)
  52. ビートルズ人気に便乗
  53. ブラス・ロック(その1)
  54. ブラス・ロック(その2)
  55. ベイ・シティ・ローラーズ
  56. 一発屋
  57. 一発屋の次のシングル
  58. 映画のテーマ(60、70年代)
  59. 映画のテーマ(60、70年代)2
  60. 映画のテーマ(80年代)
  61. 映画のテーマ(80年代、ロック系)
  62. ジャケット
  63. 兄弟と家族
  64. 個性の強い女性
  65. ソウル(その1)
  66. ソウル(その2)
  67. モータウン
  68. 女性グループ
  69. 小ヒット
  70. 全米1位
  71. 男女混声ハーモニー
  72. 日本だけのヒット
  73. 日本人がカバー
  74. ボストン
  75. ダンヒル・サウンド
  76. スーパースターの共演