ブリティッシュ・ハード・ロック

紫の炎/ディープ・パープル

1974年
ボーカルがイアン・ギランからデイビッド・カバーデイルに、ベースがロジャー・グローバーからグレン・ヒューズに変わって最初のシングル。キレの鋭いギター、歌メロに入って激しさを増すドラム、ツイン・ボーカルなど、近寄りがたい雰囲気にあふれていたが、今のディープ・パープルはリラックスしすぎだ。

対自核/ユーライア・ヒープ

1972年
ひずんだオルガン・サウンドとバックのハイトーン・コーラス、畳みかけるメロディーで日本でヒット。シングルではエンディングを大幅カットした短縮バージョンになっている。

キラー・クイーン/クイーン

1975年
セカンド・アルバムまでは緊張感のあるコンセプト的な作風だったが、サード・アルバムからは一般ウケするポップな曲も出てくる。「がんばれ田淵」の空耳で有名。

麗しのザンビア/ミスター・ビッグ

1976年
ドラマーが二人いるバンド。クイーン風のコーラスが特徴。イントロのハイトーン・コーラスが中国風のメロディーに聞こえるので「中華ロック」と呼ばれる。

パラノイド/ブラック・サバス

1971年
トニー・アイオミは結構好きなギタリストだ。70年のデビュー以来、約10年ごとに名盤を作っているが、今年あたりまた快作を出してきてほしいものだ。
  1. 60年代アメリカ(1960-65年)
  2. 60年代アメリカ(1966-69年)
  3. 60年代アメリカ
  4. 60年代アメリカのカレッジ・フォーク
  5. アメリカ(1970年)
  6. アメリカ(1971-72年)
  7. アメリカ(1972年)
  8. アメリカ(1973-75年)
  9. アメリカ(1976-78年)
  10. アメリカ(1979-80年)
  11. アメリカ(70年代)
  12. アメリカ(70年代)(その2)
  13. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その1)
  14. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その2)
  15. アメリカン・プログレッシブ・ハードロック(その3)
  16. ウエスト・コースト・ロック
  17. アダルト・オリエンテッド・ロック(その1)
  18. アダルト・オリエンテッド・ロック(その2)
  19. 60年代イギリス(その1)
  20. 60年代イギリス(その2)
  21. 70年代イギリス(1970-71年)
  22. 70年代イギリス(1972-80年)
  23. 70年代イギリス(1972-1980年)(その2)
  24. 70年代イギリス(1972-80年)(その2)
  25. ブリティッシュ・ハード・ロック
  26. 70年代ブリティッシュ・ロック
  27. 80年代イギリス
  28. ハードロック、ヘビーメタル
  29. 80年代(その1)
  30. 80年代(その2)
  31. 60、70年代ヨーロッパほか
  32. 60、70年代ヨーロッパ(ドイツ、スイス)
  33. ダッチ・サウンド
  34. ダッチ・サウンド(その2)
  35. アバ(その1)
  36. アバ(その2)
  37. アバ(その3)
  38. ロシア・北欧
  39. エキゾチック・サウンド
  40. カーペンターズ
  41. カナダ
  42. カリフォルニア
  43. ギター
  44. コージー・パウエル
  45. ファッション
  46. スターズ・オン45
  47. 70年代ディスコ
  48. 70年代ディスコ(その2)
  49. カバー曲
  50. バブルガム・ミュージック(その1)
  51. バブルガム・ミュージック(その2)
  52. ビートルズ人気に便乗
  53. ブラス・ロック(その1)
  54. ブラス・ロック(その2)
  55. ベイ・シティ・ローラーズ
  56. 一発屋
  57. 一発屋の次のシングル
  58. 映画のテーマ(60、70年代)
  59. 映画のテーマ(60、70年代)2
  60. 映画のテーマ(80年代)
  61. 映画のテーマ(80年代、ロック系)
  62. ジャケット
  63. 兄弟と家族
  64. 個性の強い女性
  65. ソウル(その1)
  66. ソウル(その2)
  67. モータウン
  68. 女性グループ
  69. 小ヒット
  70. 全米1位
  71. 男女混声ハーモニー
  72. 日本だけのヒット
  73. 日本人がカバー
  74. ボストン
  75. ダンヒル・サウンド
  76. スーパースターの共演