20世紀文化・ポピュラー音楽史(洋楽版)(暫定版)

音楽、文化にかかわる事象を取り上げていますが、特に日本の項目は未完です。
出版、録音作品等については、社会的影響、歴史的意義を重視しています。公開された年を優先して載せています。

できごと 文化・思想 音楽 できごと・文化(日本) 音楽(日本)
1900 仏ベル・エポック、万国博
英、労働代表委発足(労働党)
フロイト「夢判断」
プランク「量子論」
フッサール「論理学研究」(現象学登場)
シベリウス「フィンランディア」
米ボストンにシンフォニー・ホール完成(世界3大ホールの1)
津田梅子、女子英学塾開設 「美しき天然」流行
「東雲節」流行
「軍艦行進曲」(「軍艦マーチ」)
1901 オーストラリア、英自治領に(白豪主義)
英ヴィクトリア女王没
ノーベル賞創設
ブッカー・T・ワシントン「奴隷から立ち上がりて」
ケークウォーク流行
ハンムラビ法典発見
  与謝野晶子「みだれ髪」 「花」「荒城の月」(滝廉太郎作曲)
1902 キューバ独立
ボーア戦争終わる
仏映画「月世界旅行」
米ロサンゼルスに初の映画館開業
ラフマニノフ、ピアノ協奏曲第2番ハ短調
エルガー「威風堂々」
早稲田大開校 慶応大ワグネル・ソサエティー結成
1903 ライト兄弟、有人飛行に成功
フォード設立
キシナウのポグロム(数千人のユダヤ人虐殺される)
「大列車強盗」(初の西部劇映画)
ダンカン「未来のダンス」(モダン・ダンスの祖)
デュボイス「黒人のたましい」
ローマ法王、カストラートを禁止
ハンディ、米南部の黒人音楽を採譜(ブルース最古の記録)
一高生藤村操、厭世自殺
大阪市電開業
 
1904 シベリア鉄道開通 バリー「ピーター・パン」
ロマン・ロラン「ジャン・クリストフ」(モデルはベートーヴェン)
プッチーニ「蝶々夫人」
バルトーク、マジャール民謡の採譜始める
クルティス「帰れソレントへ」
日露戦争
与謝野晶子「君死にたまふことなかれ」
 
1905 露、血の日曜日事件
ノルウェー、スウェーデン、分離独立
米シカゴでロータリークラブ結成
ヴェーバー「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の『精神』」
ディクソン「クランズマン」
アインシュタイン「特殊相対性理論」
ドビュッシー「海」(表紙に葛飾北斎の「波」を使用)
リヒャルト・シュトラウス「サロメ」
ニューヨークにジュリアード音楽院
ラヴェル、ローマ賞に落選(ラヴェル事件)
日露戦争、ポーツマス条約
夏目漱石、第一作「吾輩は猫である」
日比谷野外音楽堂完成
1906 サムナー「民習論」(フォークウェイズ) 米でジュークボックス(レコード予選択再生機)発明
デ・フォレスト、3極真空管発明、オーディオン(Audion)と命名
岡倉天心「茶の本」
夏目漱石「坊っちゃん」
伊藤左千夫「野菊の墓」(自由恋愛を称賛)
島崎藤村「破戒」
「早稲田文学」復刊、自然主義文学拠点に
 
1907 モンテッソーリ教育始まる
英、ボーイスカウト運動始まる
ジェームズ「プラグマティズム」
ドイツ工作連盟結成
シュトラウス父子の子孫、自筆譜等を大量焼却
ブゾーニ「新音楽美学提要」(電子音楽に言及)
  「都の西北」早稲田大学校歌に
浪曲師桃中軒雲右衛門人気、武士道流布
1908   トインビー遺稿集「産業革命」(用語として一般化)
クリムト「接吻」
メーテルランク「青い鳥」
ザングウィル「るつぼ」(「人種のるつぼ」)
ドビュッシー「子供の領分」(ゴリウォッグのケークウォーク)
スクリャービン、交響曲第4番「法悦の詩」(神秘和音)
ブラジル移民開始 早稲田大学音楽会結成
1909 米フォード、T型車量産開始
中東で油田発見
全米黒人地位向上協会設立
ディアギレフ、バレエ・リュス結成
マリネッティ、未来派宣言(機械、戦争賛美)
スーザ「星条旗よ永遠なれ」録音
ラフマニノフ、ピアノ協奏曲第3番
伊藤博文暗殺  
1910 日本、韓国併合 フロイト「精神分析学入門」 ストラヴィンスキー「火の鳥」
スクリャービン「プロメテウス」(色光ピアノ使用を指示)
「おおブレネリ」出版(スイス民謡、米で流行)
韓国併合
大逆事件、幸徳秋水ら処刑される
柳田国男「遠野物語」
大学生にマンドリン流行
文部省「尋常小学読本唱歌」発行
1911 辛亥革命
メキシコ革命(民主化)
マチュ・ピチュ遺跡発見
ビアス「悪魔の辞典」
フロベール「紋切型辞典」(死後出版)
バーリン「アレクサンダーズ・ラグタイム・バンド」
ストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」(多調性)
シャンソン歌手ダミアデビュー、現実派シャンソン創始
平塚らいてう「青鞜」創刊
西田幾多郎「善の研究」
浅草公園六区(浅草六区)に興行地帯形成
1912 タイタニック号沈没 カフカ「変身」
ヴェルトハイマー「運動視の実験的研究」(ゲシュタルト心理学)
シェーンベルク「月に憑かれたピエロ」
ハンディ「メンフィス・ブルース」(ブルースの父)
パリでアルゼンチン・タンゴ流行
明治天皇死去、乃木希典自殺
東大教授美濃部達吉、天皇機関説発表
二代目吉田奈良丸「奈良丸くずし」
1913 フォード、工場に流れ作業方式導入 フッサール「純粋現象学および現象学的哲学の諸構想」
プルースト「失われた時を求めて」
アポリネール「キュビズムの画家たち」
ストラヴィンスキー「春の祭典」初演、バレエ・リュス共演
ウェーベルン「5つの管弦楽曲」(拍節構造の放棄)
シェーンベルク「幸福の手」(照明の指示)
ルッソロ、論文「騒音芸術」
   
「長い19世紀」の終わり、「短い20世紀」の始まり
1914 第一次世界大戦
パナマ運河開通
  ヨーロッパでタンゴ流行
ワーグナー「オペラとドラマ」
ハンディ「セントルイス・ブルース」
蓄音機、レコード製造技術が特許切れ、各社参入
ザックスとホルンボステルが楽器分類法提案、一般化
第1次世界大戦
夏目漱石「こころ」
松井須磨子「カチューシャの唄」
1915 ニューヨークにハーレム形成 ロシア・フォルマリズム(ヤコブソン)
長編映画「国民の創生」
コカ・コーラのボトルデザイン
ヴェルフリン「美術史の基礎概念」(様式史の確立)
アメリカでハワイアン音楽ブーム   松井須磨子「ゴンドラの唄」(中山晋平作曲、いのち短し恋せよ乙女)
1916 米、債務国から債権国に
ピグリー・ウィグリー、食料品店にセルフサービス式導入
ソシュール「一般言語学講義」
アインシュタイン、一般相対性理論発表 
アロミア・ロブレス「コンドルは飛んでいく」発表(ペルー) 東大教授吉野作造、民本主義提唱  
1917 ロシア革命 デュシャン(R.マット)「泉」
ポール・ヴァレリー「若きパルク」
サティ、バレエ「パラード」(ピストル、サイレン、ラジオなど使用)
カウエル「マノノーンの潮流」(トーン・クラスター)
スペンサー・ウィリアムス「シミー・シャウブル」
オリジナル・デキシーランド・ジャズ・バンド、ジャズ初録音(黒人音楽の主流がジャズ、ブルースに移行)
ソ連国歌「インターナショナル」
タンゴのガルデル「わが悲しみの夜」(「ミ・ノーチェ・トリステ」)
主婦の友創刊 吉田奈良丸、日本人初の海外(米)録音
1918 第1次世界大戦終結
モスクワ遷都
ケッペン、気候区分システム発表 ストラヴィンスキー、このころドラムセットを用いたジャズ編成の曲を作る
コクトー、評論「雄鶏とアルルカン」
バルトーク「青ひげ公の城」
バーリン「ゴッド・ブレス・アメリカ」
シベリア出兵(商人が米買い占め、高騰)
富山で米騒動(大正デモクラシーの契機)
芥川龍之介「蜘蛛の糸」
鈴木三重吉「赤い鳥」創刊
プロコフィエフ来日(大物作曲家初)
「ダンチョネ節」
第1次大戦終結、狂騒の20年代、金ぴかの時代始まる。ジャズ・エイジ(デキシーランド・ジャズ=白人によるニュー・オーリンズ・ジャズ)
1919 米、禁酒法
米で白人による黒人リンチ多発(「赤い夏」)
ヴェルサイユ条約
ジャック・デンプシー、ボクシング世界ヘビー級チャンピオンに
ポール・ヴァレリー「精神の危機」
ホルスト「惑星」
ストラヴィンスキー「ラグタイム」
ファリャ「三角帽子」
ハウアー「ノモス」(最初の12音音楽)
ザックス「バロック音楽」
トスカニーニ、伊・戦闘ファッショの候補者に
テルミン発明
有島武郎「或る女」 童謡のレコード化始まる
宝塚歌劇音楽学校設立
浅草オペラ始まる
1920 米、自動車が急激普及
ラスベガス、賭博場が州営化米でラジオ放送開始、普及5000台
国際連盟発足
独でバウハウス設立
フォード「国際ユダヤ人」
ココ・シャネル開店
このころアメリカ詩の「シカゴ・ルネッサンス」(T.S.エリオット、エズラ・パウンドほか)
アラン「芸術論集」
サティ「家具の音楽」
プーランク、オネゲル、ミヨーらフランス6人組
ブルース・レコード初登場
初のメーデー
日本共産党結党
「インターナショナル」「聞け万国の労働者」訳詞
1921   パーク、バージェス「社会学という科学への誘い」(シカゴ学派、都市社会学) ジェイムズ・ジョンソン、ハーレム・ストライド・ピアノ創始
キング・オリバーとクレオール・ジャズ・バンド、米西海岸へ演奏旅行、全米にジャズが広がる
活動写真が「映画」と呼ばれ始める このころ神戸でジャズ広がる
1922 伊、ムッソリーニ内閣
ソ連発足
米、ラジオ普及200万台、33局
ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」
オグバーン「社会変動論」(文化遅滞)
ジョイス「ユリシーズ」
T.S.エリオット「荒地」
フィッツジェラルド「ジャズ・エイジの物語」
ツタンカーメンの黄金のマスク発見
カントリー・レコード初登場
サン・サーンス「動物の謝肉祭」
ラヴェル、ムソルグスキーの「展覧会の絵」編曲
ヒンデミット、ピアノ組曲「1922年」(ラグタイム含む)
米、ラジオ普及で音楽レコードの需要高まる
英、ラジオ受信機製造業者がイギリス放送会社設立(BBC母体)
シベリア撤兵 鳥取春陽「籠の鳥」
「船頭小唄」(おれは河原の枯れすすき)
1923 デュポン、人絹にレーヨン命名
米、ラジオ局556局
「タイム」創刊
フロイト「自我とエス」
ロサンゼルスにハリウッドサイン登場
コルビュジエ「建築をめざして」
ネオンサイン登場
ジャン・コクトー「大胯びらき」
シェーンベルク、12音音楽完成
オネゲル「パシフィック231」初演
ヴァレーズ「ハイパープリズム(超分光器)」
関東大震災、朝鮮人虐殺
菊池寛、文藝春秋社設立
神戸でジャズバンド「ラフィング・スターズ」結成
1924 ロンドン、ニューヨーク間で無線送信可能に
T型フォード、850ドルから290ドルに
ブルトン「シュルレアリスム宣言」
バーバリー・チェック登場
ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」
チャールストン流行
雑誌「キング」創刊  
1925 ライカカメラ登場(カメラの大衆化)
米、自動車世界シェア87%
フォード、製造通算1000万台
テネシー州、進化論の授業禁止
ヒトラー「わが闘争」
モース「贈与論」
フィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」(失われた世代)
アニタ・ルース「紳士は金髪がお好き」
「戦艦ポチョムキン」(モンタージュ技法)
独SF映画「メトロポリス」
チャプリン「黄金狂時代」
ジョセフィン・ベーカー、パリでダンス公演
ヴァールブルク「神は細部に宿る」(イコノロジー)
パリ万国博(アール・デコ博)
マンハイム美術館「ノイエザッハリヒカイト」展覧会(新即物主義)
ヒンデミット「朝7時に湯治場で二流のオーケストラによって初見で演奏された「さまよえるオランダ人」序曲」(ジョーク音楽)
ヴァレーズ「アンテグラル」(レコードの逆回転音を模倣)
ベルク「ヴォツェック」
ベッシー・スミス、ルイ・アームストロング、「セントルイス・ブルース」録音
米ナッシュビルでカントリー音楽番組「グランド・オール・オープリー」放送開始
エズラ・パウンド、このころから伊・ラパロで音楽会開催、ヴィヴァルディ再評価の端緒に
チャールストン流行
加藤内閣、普通選挙法と治安維持法同時制定
東京放送局、ラジオ放送開始
モボ、モガ(モダンボーイ、モダンガール)出現
 
1926 米に初の民放ラジオ局(NBC) ラブクラフト「クトゥルーの呼び声」
ミルン「クマのプーさん」
バウハウス校舎
米、ルート66指定(シカゴ、セントルイス、オクラホマシティ、サンタフェ、ロサンゼルス、サンタモニカ)
シャネル、黒のプティット・ローブ発表(ファッションに黒が加わる)
米、トースター登場
バルトーク「中国の不思議な役人」
コダーイ「ハーリ・ヤーノシュ」
アンタイル「バレエ・メカニック」(ドアベル、プロペラ等使用)
モソロフ、バレエ「鋼鉄」(金属音使用)
ヴァレーズ「アメリカ」
ジェリー・ロール・モートンとレッド・ホット・ペッパーズ「ドクター・ジャズ」
クシェネク、歌劇「ジョニーは弾き始める」(ジャズを導入)
ジュリアード音楽院設立
芥川龍之介「文芸的な、余りに文芸的な」(谷崎潤一郎と文学論争)
日本放送協会設立
東京高等音楽学院設立(現国立音大)
オリジナル・デキシーランダーズ来日公演
1927 ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグ活躍
米、一般家庭に直流電気供給、コンセントが電源に
シボレー、T型フォード抜く
ハイデガー「存在と時間」
パブロフ「条件反射」発表
「ジャズ・シンガー」(初のトーキー映画)
ジグフィールド「ショーボート」(初のヒットミュージカル)
「セックス・アピール」の用語初登場
ジェルメーヌ・クルル、写真集「メタル」
リンドバーク、大西洋無着陸横断
プロコフィエフ「鋼鉄の歩み」
ヘンリー・カウエル、出版社ニュー・ミュージック・エディション設立
ローソック・シンバルがハイハット・シンバルに(手でリズム操作可能に)
第1回ショパン国際ピアノコンクール
イギリス放送会社、公共放送に転換、BBCに
ジミー・ロジャース「ブルー・ヨーデル」(カントリー音楽の父)
デューク・エリントン、ニューヨークのコットン・クラブに登場
昭和金融恐慌
芥川龍之介、35歳で自殺(「芥川的不安」)
日本ビクター、ポリドール設立
初の邦楽レコード、二村定一「君恋し」
1928 ソ連、第1次5カ年計画
米失業率3%
D.H.ローレンス「チャタレイ夫人の恋人」
蒸気船ウィリー」(ディズニー映画、ミッキーマウス登場)
エコール・ド・パリ展
レンガー・パッチュ、写真集「世界は美しい」
クラレンス・スミス「パイン・トップス・ブギウギ」
カーター・ファミリー「ワイルドウッド・フラワー」
ラベル「ボレロ」
ガーシュウィン「パリのアメリカ人」初演
オンド・マルトノ発明
中野重治「いはゆる芸術の大衆化論の誤りについて」
勅使河原蒼風、第1回草月流花展開催(華道の前衛化)
日蓄、米コロムビア支配下に。ジャズレコード普及始まる
初の商業レコード、佐藤千夜子「波浮の港」発売
二村定一「アラビアの唄」
「道頓堀行進曲」(行進曲ブーム)
「モン・パリ」流行
1929 世界恐慌
米、自動車普及2600万台
ホワイトヘッド「過程と実在」
ヘミングウェイ「武器よさらば」
レマルク「西部戦線異状なし」
マグリット「イメージの裏切り」(「これはパイプではない」)
仏で「新社会経済史年報」創刊(アナール学派)
リンド夫妻「ミドルタウン」(米20年代コミュニティ研究の古典、マンシー、未知との遭遇)
ドイツで「写真と絵画」展(ノイエ・フォト)
ビキニの水着登場
ルンバ流行
エピック・レコード設立
ニューヨークに騒音防止委設立
小林多喜二「蟹工船」
小津安二郎「大学は出たけれど」(東大生の就職率30%)
浅草に軽演劇カジノ・フォーリー出現(エロ・グロ・ナンセンス)
「進軍の歌」(最初の軍国歌謡とされる)
二村定一「君恋し」(初の和製ジャズ)
佐藤千夜子「東京行進曲」「愛して頂戴」(ネエ小唄、エロ小唄)
武蔵野音楽学校設立(現武蔵野音大)
米映画「キング・オブ・ジャズ」日本公開
大不況時代始まる。ナチス台頭。スイング・ジャズの時代
1930 米、1世帯に車1台、ラジオ普及率45%
世界恐慌で米の銀行1352行倒産
独、ナチス第2党に、失業者400万人
ローゼンベルク「二十世紀の神話」(ゲルマン民族優位論) フィードラー、ボストン・ポップス・オーケストラ指揮者に
アイヴズ「ニュー・イングランドの3つの場所」
電子楽器トラウトニウム発明
テルミンとカウエル、初のリズムマシーン、リズミコン発明
カウエル「新音楽素材」
昭和恐慌
九鬼周造「『いき』の構造」
林芙美子「放浪記」
「何が彼女をそうさせたか」(傾向映画)
フォトタイムス「新興写真研究」
 
1931 満州事変
オーストリア中央銀破綻
独で金融大恐慌、全欧に広がる
ダリ「記憶の固執」
102階建エンパイア・ステート・ビル完成
コカ・コーラ社、広告に赤い服のサンタクロース登場させる
米、冷蔵庫普及100万台
バックレス・ドレス流行、露出進む
ジーン・ハーロー人気
グロフェ、組曲「大峡谷」
アイヴズ「祭日交響曲」
ラヴェル「左手のためのピアノ協奏曲」
ミルス・ブラザーズデビュー(バーバーショップ・コーラス)
英EMI設立、アビー・ロードに録音スタジオ設立
「星条旗よ永遠なれ」米国歌に
満州事変 藤山一郎「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」(古賀政男作曲)
キングレコード設立
プラーゲ旋風(外国楽曲の著作権侵害で国内業者を次々提訴)
「爆弾三勇士」作詞に与謝野鉄幹が一等当選
1932 米、失業者800万人
英、仏、ブロック経済
独、ナチスが第1党に
ワイルダー「大草原の小さな家」出版開始 ラヴェル、ピアノ協奏曲ト長調(スイングジャズ導入)
リッケンバッカー社、エレキ・ギター発売
F・ルーズベルト、大統領選でキャンペーン・ソング使用(「幸せの日々は再び」)
デューク・エリントン「スウィングしなけりゃ意味がない」
5.15事件(海軍が犬養首相暗殺、政党政治終わり軍部台頭) 小唄勝太郎「島の娘」
「天国に結ぶ恋」(坂田山心中)
東京・成城に初の貸しスタジオ登場
1933 独、ヒトラー内閣
ユダヤ人迫害始まる
米、失業率25%、1500万人(恐慌後最悪に)、
F.ルーズベルト、米大統領に当選、ニューディール政策始まる
米、ラジオ普及率75%
トインビー「歴史の研究」
ヒルトン「失われた地平線」(ロスト・ホライズン、シャングリ・ラ)
テニス選手のラコステ、テニスウェア発売(ポロシャツ流行)
シャルル・トレネデビュー(現代シャンソン創始)
ハンガリーで「暗い日曜日」流行、自殺者続出の情報
ザックス「世界舞踊史」
「狼なんかこわくない」(ディズニー・アニメ「3匹の子ぶた」)
独で国家社会主義ラジオ協会設立、全ラジオ局にナチスの宣伝を強制
米ルーズベルト大統領、ラジオ番組「炉辺談話」(ラジオの政治利用化)
国際連盟から脱退、孤立
小林多喜二獄死
小唄勝太郎「島の娘」
このころラジオ局で「歌謡曲」の名称使われ始める
1934   グラムシ「サバルタン社会諸集団の歴史」
ポパー「科学的発見の論理」
ロックフェラー・センター(マンハッタンに14の高層ビル建ち、摩天楼形成)
ヴォーン・ウィリアムズ「グリーンスリーヴズによる幻想曲」
ヴァレーズ「エクワトリアル」(オンド・マルトノ使用)
ロバート・ジョンソン(デルタ・ブルース)
クニッペル、交響曲第4番(「ポーリシュカ・ポーレ」)
ニューヨークのハーレムにアポロ・シアター開館
ジャズ雑誌ダウンビート創刊
ヒンデミット事件(フルトヴェングラー、ヒトラーによる「画家マティス」上演禁止に抗議)
ハモンドオルガン発明
  内務省、レコード検閲開始(ネエ小唄)
帝国蓄音器設立(現テイチク)
東海林太郎「赤城の子守唄」
1935 独、ヴェルサイユ条約破棄し再軍備宣言、ユダヤ人市民権剥奪、国旗にハーケンクロイツ このころオッペンハイマー、「婚約記念にダイヤの指輪」宣伝始める ガーシュウィン「ポーギーとベス」(ジャズ・オペラ)
ベニー・グッドマン、スイング・ジャズ創始
岡田内閣、国体明徴声明(天皇機関説排撃、軍部主導)
文藝春秋「芥川賞」創設
ディック・ミネ・星玲子「二人は若い」
「もずが枯木で」
1936   ベンヤミン「複製技術時代の芸術」
ケインズ「雇用、利子および貨幣の一般理論」
チャップリン「モダン・タイムス」
「民族の祭典・オリンピア第1部」
ウェルズ、米ラジオで「宇宙戦争」、パニック起きる
写真誌「ライフ」創刊
ロバート・キャパ「くずれおちる兵士」
ハンス・セリエ、ストレス学説発表
ショスタコーヴィチ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」、プラウダ批判で上演停止
カザルス、バッハの無伴奏チェロ組曲録音
エピックとEMI、英2大レコード会社に
ダミアの「暗い日曜日」、仏で放送禁止
2.26事件、陸軍将校ら1500人クーデター
阿部定事件
ベルリン五輪、NHKラジオ実況「前畑がんばれ」
国会議事堂完成
藤山一郎「東京ラプソディー」
渡辺はま子「忘れちゃいやよ」(ネエ小唄、発売禁止)
1937 日中戦争始まる
アイルランド独立
ゴールデンゲートブリッジ完成
パーソンズ「社会的行為の構造」
ピカソ「ゲルニカ」(独、スペイン・バスクに初の無差別爆撃)
コープランド「エル・サロン・メヒコ」
オルフ「カルミナ・ブラーナ」、ナチスが称揚
ショスタコーヴィチ、交響曲第5番ニ短調
ベルク「ルル」(ビブラフォン使用)
グロフェ「鋼鉄の交響曲」
カウント・ベイシー楽団「タイム・アウト」(初のエレキ・ギター録音)
トスカニーニ、米に移住、NBC交響楽団常任指揮者に
廬溝橋事件(中国侵略、日中戦争始める)、大本営設置、南京大虐殺
吉野源三郎「君たちはどう生きるか」
淡谷のり子「別れのブルース」(服部良一初のヒット作)
国民精神総動員実施要項発表
「露営の歌」(古関裕而作曲、軍国歌謡の最初の流行)
「愛国行進曲」100万枚販売
1938   ホイジンガ「ホモ・ルーデンス」
「スーパーマン」(初の漫画ヒーロー)
ショスタコーヴィチ、ジャズバンドのための組曲
グレン・ミラー楽団(スイング・ジャズ最盛期)
カウント・ベイシー楽団(カンザス・シティ・ジャズ)
ベニー・グッドマン、ジャズ界初のカーネギー・ホールコンサート
ムラヴィンスキー、サンクトペテルブルク・フィル常任指揮者に
国家総動員法
「愛染かつら」
ヤミ取引、ヤミ米、「ヤミ」の語一般化
「海ゆかば」「麦と兵隊」
ブルース流行
1939 第2次世界大戦開戦(9.1)
米でFM放送開始
デュポン、ナイロン開発、ストッキング発売
パノフスキー「イコノロジー研究」
トルベツコイ「音韻論の原理」
ナスカの地上絵発見
スタインベック「怒りの葡萄」(トム・ジョード、ルート66)
カバレフスキー「道化師」
ジョン・ケージ「コンストラクション第1・金属で」
ジョン・ケージ「心象風景1」(ターンテーブルで演奏)
ビリー・ホリデイ「奇妙な果実」
マックス・スタイナー、映画「風と共に去りぬ」音楽担当
ジュディ・ガーランド「虹の彼方に」(「オズの魔法使い」)
ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート始まる
  大日本音楽著作権協会設立
「誰か故郷を想わざる」
1940 米、ラジオ普及率81% アフリカ系リチャード・ライト「アメリカの息子」(初の抗議小説)
ディズニー・アニメ「ファンタジア」(初のステレオ録音映画)
「『怒りの葡萄』季節労働者コンサート」でピート・シーガーとウディ・ガスリー出会い、音楽活動開始
ロドリーゴ「アランフェス協奏曲」
ビルボード、チャート掲載開始
日独伊三国同盟(日米関係悪化)
新聞雑誌用紙統制委員会
大政翼賛会発足、大日本産業報国会発足
「ぜいたくは敵だ」
高峰三枝子「湖畔の宿」
渡辺はま子「蘇州夜曲」(大陸メロディー)
「紀元二千六百年」「暁に祈る」
ダンスホール閉鎖令
音楽挺身隊発足
1941 太平洋戦争始まる(12.8) フロム「自由からの逃走」
「市民ケーン」
仏で「ク・セ・ジュ?」創刊(文庫登場、書籍の大衆化)
デューク・エリントン楽団「A列車で行こう」
バルトーク、弦楽四重奏曲第6番初演(6曲ともベートーベン以来の傑作)
「リリー・マルレーン」(マレーネ・ディートリヒ)
東条陸軍相、首相に。真珠湾攻撃
中等学校の制服が国防色(カーキ色)、戦闘帽に
隣組制度始まる
諸井三郎「機能和声学」
国民学校で絶対音感教育始まる
敵性音楽禁止令
音楽雑誌16誌一斉廃刊、6誌に統合
スチールギター、ハーモニカ、サックス禁止
「そうだその意気」「月月火水木金金」
1942   エリュアール「詩と真実'42」
カミュ「異邦人」
ビング・クロスビー「ホワイト・クリスマス」
ミルス・ブラザーズ「ペイパー・ドール」
T・ボーン・ウォーカー「ガット・ア・ブレイク・ベイビー」(ブルースのエレキ化)
グレン・ミラー楽団の「チャタヌーガ・チュー・チュー」に初のゴールド・ディスク授与
フランク・シナトラ、ジャズ歌手最初のアイドルに
  日本レコード協会設立
ポリドール、大東亜航空工業に改称し軍需生産に移行
1943   サルトル「存在と無」(実存主義)
マズロー、欲求階層理論
ホワイト「ストリート・コーナー・ソサエティ」
サン・テグジュペリ「星の王子さま」
  学生の徴兵猶予停止、学徒動員
神風特攻隊初の出陣
音楽雑誌2誌に(「音楽文化」「音楽智識」)
「同期の桜」
1944   ハイエク「隷従への道」
仏ル・モンド創刊
コープランド「アパラチアの春」
グレン・ミラー没
アンネ・フランク一家逮捕
横浜事件
集団疎開始まる
アメリカ型楽器編成楽団(ジャズバンド)禁止
1945 米、戦争花嫁法、軍人婚約者法制定
第二次世界大戦終結(9.2)
  ディジー・ガレスピー、チャーリー・パーカー(ビ・バップ革命)
ニュー・オーリンズ・リバイバル
エディット・ピアフ「ばら色の人生」
バークレー音楽院設立
敗戦
「世界」創刊、吉野源三郎編集長
日本主婦連合会(主婦連)結成
谷川徹三「茶の美学」
戦後初の映画「そよかぜ」(「リンゴの唄」)
カストリ雑誌「りべらる」創刊
NHKラジオ「紅白音楽試合」放送