HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

WARRANT

1
DIRTY ROTTEN FILTHY STINKING RICH
1989年。ギター2人の5人組。邦題「マネー・ゲーム」。いわゆるヘアメタルの王道を行くバンドで、容姿がいいことがずっと足かせになった。典型的なアメリカン・ハードロック。ルックスが普通で、レコード会社の宣伝がそれほどでもなければ、間違いなく名バンドとして評価されたはずだった。「ダウン・ボーイズ」は全米27位、「サムタイムズ・シー・クライズ」は20位。「ヘブン」は2位、「ビッグ・トーク」は93位、アルバムは10位、200万枚。シングルカットされた曲はどれも名曲。
 
 
BIG TALK
1989年。シングル。
 
 
SOMETIMES SHE CRIES
1990年。シングル。
2
CHERRY PIE
1990年。邦題「いけないチェリー・パイ」。ハードロック寄りになった。これほど覚えやすいメロディーのアルバムタイトル曲は、普通のアーティストが作ろうと思っても作れない。代表曲の「いけないチェリー・パイ」は10位、「ブラインド・フェイス」は88位、「アイ・ソウ・レッド」は10位、「アンクル・トムズ・キャビン」は78位。「トレイン・トレイン」はブラックフットのカバー。
 
 
CHERRY PIE
1990年。シングル。
 
 
I SAW RED
1990年。シングル。
 
 
UNCLE TOM’S CABIN
1991年。シングル。
 
 
WE WILL ROCK YOU
1992年。シングル。クイーンのカバー。全米83位。
 
 
MACHINE GUN
1992年。先行シングル。
3
DOG EAT DOG
1992年。やや時流に乗ったサウンドだが、アメリカン・ハードロックの面影は残している。覚えやすく明るいメロディーは控えめになった。大手レコード会社からは最後の発売。全米25位、50万枚。
4
ULTRAPHOBIC
1995年。ギターとドラムが抜け、元キングダム・カムのギターとドラムが加入。キーボードも加入して6人編成となった。「ドッグ・イート・ドッグ」の路線。ギターは現代風、ボーカルも抑揚が少なく、3年のブランクは長かった。しかし、曲はバラエティーに富んでおり、そのブランクがいい方に働いた部分もある。「ストロンガー・ナウ」はアコースティックの演奏で、これを最後に置いたことは正解。名曲だ。
5
BELLY TO BELLY VOLUME ONE
1996年。キーボードが抜け再び5人編成。ロックとは呼べるがハードロックと呼べるかどうか。
 
 
BEST OF WARRANT
1997年。ベスト盤。
6
UNDER THE INFLUENCE
2001年。
7
BORN AGAIN
2006年。
8
ROCKAHOLIC
2011年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com