HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

TWENTY ONE PILOTS

GUNS FOR HANDS
2012年。シングル盤。「フォレスト」はアルバム未収録曲。アルバムに入っていてもよかった。日本独自のシングル盤。
1
VESSEL
2012年。キーボード、シンセサイザー等とドラムでほぼすべてのサウンドを構成し、ギターとすぐに分かるような音は使っていない。オープニング曲はエミネムのようなラップの後、70年代半ばごろイギリスのロックのようなメロディーにつながる。ドラムはプログラミングではなくメンバーが演奏しているので、ロックバンドらしさがある。メロディーは滑らかで、前向きだ。アメリカでは「ホールディング・オン・トゥ・ユー」「ハウス・オブ・ゴールド」「カー・レイディオ」がヒット、日本では「ガンズ・フォー・ハンズ」がヒット。
2
BLURRYFACE
2015年。曲によってプロデューサーが異なり、曲ごとにそのプロデューサーがシンセサイザーやベース、ギター等を演奏している。従って、前作よりも曲の幅が広がっている。14曲のうち11曲はプロデューサーがベースを弾き、「レーン・ボーイ」「ウィー・ドント・ビリーヴ・ワッツ・オン・ティーヴィー」では重要な役割を果たす。オープニング曲は、トゥウェンティ・ワン・パイロッツが持っているロック、エレクトロポップ、ヒップホップ、レゲエの要素からやや遠いソウルを取り入れた。ソウル風のボーカルはプロデューサーが歌っている。レゲエのリズムやエミネム風のラップによるボーカル、ウクレレの曲があるのは前作から変わらない。「ストレスド・アウト」が世界的にヒットし、「ライド」もヒットしている。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com