HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

SUGARCULT

ELEVEN
1999年。
WRAP ME UP IN PLASTIC
2000年。
1
START STATIC
2001年。ボーカル兼ギター、ギター、ベース、ドラムの4人編成。サウンドはメロディック・パンクに近いが、それよりも一般的なロックだ。明るすぎないメロディー、ヒップホップやレゲエを取り入れない純粋さが逆に好感を生む。インディーズ時代にアルバムを2枚出している。
2
PALM TREES AND POWER LINES
2004年。ドラムが交代。メロディーはフー・ファイターズに通じる部分がある。「メモリー」はギターのメロディーがザ・ナックの「マイ・シャローナ」を思い出す。メロディック・パンクよりもパワー・ポップと呼ばれることが多いのはうなずける。 
3
LIGHTS OUT
2006年。メロディアスで真摯なロックバンドのサウンドとなり、若いフー・ファイターズのようなイメージができている。約2カ月前に出たロストプロフェッツの「リベレイション・トランスミッション」にも近い。オープニング曲は2曲目につながるイントロのような位置づけ。
 
 
REWIND 2001-2008+LIVE IN JAPAN!
2009年。ベスト盤。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com