HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

STATIC-X

1
WISCONSIN DEATH TRIP
2000年。4人編成。アメリカ出身。ギターは日本人。リズムや装飾的なサウンドに無機質な人工音を加え、インダストリアル・ロック風のラウド・ロックをやっている。ボーカル、ギターはラウドロックそのもの。フィア・ファクトリーをハードにしたサウンド。プログラミングをやっているのはボーカルとギター。
2
MACHINE
2001年。ギターが交代。ギターはプログラミングをしないので、ボーカルがプログラミングとキーボードをやっている。前作よりもインダストリアル・ロックの要素が強くなり、機械的なリズムがサウンドの要になっている。ロック風のクラブ・ミュージックとインダストリアル・ロックの境界がかなり接近している。
3
SHADOW ZONE
2003年。人工的なリズムが減り、キーボードによる装飾が復活している。ボーカルメロディーがはっきり分かるようになった。「ジ・オンリー」やアルバムタイトル曲はディスターブドを思わせる。「ソー」は初のバラード。前作の路線といえるのは「モンスター」ぐらいか。
4
START A WAR
2005年。ギターが交代し、デビュー当時のコーイチ・フクダが復帰。デビュー盤のころからインダストリアル・ロックの部分をやや抑えたサウンド。どの曲もギターとベースがハードな音でリズムを刻んでいき、ボーカルも絶叫する。ベースはギターに似た音でギターと同時に弾くことが多く、ドラムもほぼ一体化したリズムになるため轟音と休止を繰り返す。高揚と弛緩もしくは緊張が絶え間なく続くと言ってもよい。
5
CANNIBAL
2007年。
6
CULT OF STATIC
2009年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com