HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

SQUAREPUSHER

1
FEED ME WEIRD THINGS
1996年。オープニング曲の「スクエアプッシャー・テーマ」がこのプロジェクトの基本になることを宣言している。一般的なテクノの曲にドラムン・ベースの曲を挟んでいる。アシッド・ハウスの影響を受けたメロディー、音色だ。ベースが目立つ曲はフュージョンの影響だという。日本盤は1997年発売。
2
HARD NORMAL DADDY
1997年。実験的に作ったような曲やリズムだけがテクノになっているフュージョン、ブランドXのようなフュージョン・プログレッシブ・ロックなど幅が広い。ベースを楽器で演奏していることが曲に躍動感や人間性を与えている。「ビープ・ストリート」はいいメロディー。このアルバムで日本デビュー。
 
BIG LOADA
1997年。「ハード・ノーマル・ダディ」の未収録曲を集めた企画盤。7曲収録。リミックスした曲も含まれる。 
 
BURNINGN'N TREE
1997年。1995、96年に発売されたEP2枚の9曲と未発表曲3曲を収録した企画盤。EP収録曲はビートの減衰音をメロディーとして使う曲もある。
3
MUSIC IS ROTTED ONE NOTE
1998年。ビートの音が実際のドラムの音に近くなった。キーボード、ベース、ドラムによるフュージョンやエレクトリック・ジャズのようなサウンドが聞ける。凝ったビートは減っている。各曲が短くなり、集中力を要求する曲はなくなった。15曲で48分。
 
BUDAKHAN MINDPHONE
1999年。「ミュージック・イズ・ロッテド・ワン・ノート」発売後の新曲を収録した企画盤。7曲収録。打楽器中心の「スプラスク」「ゴング・アシッド」、ベースを2本使う「トゥー・ベース・ヒット」が異色。
 
MAXIMUM PRIEST E.P.
1999年。EP盤。「ソング:アワ・アンダーウォーター・トーチ」は16、17世紀の教会音楽風。
4
SELECTION SIXTEEN
1999年。リミックスを除く16曲のうち、1分以下が4曲、1分台も3曲ある。1分以下の曲は曲の断片。「トゥモロウ・ワールド」はデビュー当時のサウンド。「マインド・ラバーズ」はハードなビートだ。
5
GO PLASTIC
2001年。これまでで最もハードで攻撃的なサウンド。リズム、ビートがめまぐるしく変わる。テクノやドラムンベースというよりは、エレクトロニクスの実験音楽だ。
6
DO YOU KNOW SQUAREPUSHER
2002年。2枚組。1枚目はスタジオ録音、2枚目はライブ盤。スタジオ録音は曲がリズム、メロディーで成立しており、前作のような聞き手を寄せ付けない実験性は少ない。「ラヴ・ウィル・テアー・アス・アパート」はジョイ・ディヴィジョンのカバー。ライブ盤は日本でのライブ。
7
ULTRAVISITOR
2003年。最初の3曲と最後の3曲は実際の楽器を演奏しているようなサウンドで、曲調も穏やか。間に挟まれた曲はエレクトロニクスを駆使したハードな曲が多い。ライブのようなギターソロ、ベースソロが3曲ある。「サークルウェーヴ」はジャズトリオのライブのような曲。これまでのスクエアプッシャーが1枚にすべて入っているようなアルバム。
8
HELLO EVERYTHING
2006年。メロディーを中心に置いたアルバム。3曲目までは古風なバンドサウンド、4曲目はテクノのビート、5~8曲目は実験的な曲。「ウェルカム・トゥ・ヨーロッパ」は70年代のエレクトロ音楽、プログレッシブ・ロックを意識したようなキーボードの音だ。最後の曲は11分弱のアンビエント音楽。
9
JUST A SOUVENIR
2008年。全曲がバンドサウンドを模したような曲で、ギター、ベース、ドラム、キーボードの役割分担が明確だ。これまでのスクエアプッシャーのサウンドとは傾向が異なる。唯一ボーカルがある「ア・リアル・ウーマン」はラモーンズの「電撃バップ」に似た曲。
10
SHOBALEADER ONE D'DEMONSTRATOR
2010年。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードの5人編成を前提としたバンドのサウンド。多くの曲にボーカルが入り、前作よりも聞きやすい曲調が増えている。ドラムはエレクトロニクスで代用しているが、ベース、ギターは実際に弾いているようだ。1人ですべてを演奏していることや、人工的な音色を多用していることを別にすれば、曲自体は一般的なロック、ポップスと言える。
11
UFABULUM
2012年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com