HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

S.O.D.

1
SPEAK ENGLISH OR DIE
1985年。アンスラックスのギター、スコット・イアンと、ドラムのチャーリー・ベナンテ、ニュークリア・アソールトのベースのダン・リルカがM.O.D.のビリー・ミラノと結成したバンド。当時のスラッシュメタル・バンドのメンバーがハードコアをやっており、アンスラックスのメンバーの音楽的素養の広さを示すアルバムだった。日本盤は22曲で29分。10秒以下の曲が4曲ある。歌詞もナンセンス。「ヅミ・ヘンドリックスのバラード」は意図的にそうした表記なのかどうか不明。「マーチ・オブ・ザ・SOD」はMTVのヘビーロック番組のテーマ曲に使われて有名になった。
 
LIVE AT BUDOKAN
1992年。ニューヨークでのライブ。日本の武道館でのライブではない。アンスラックスに似た曲もある。25曲で51分。「ジミ・ヘンドリックスのバラード」は2回演奏。
2
BIGGER THAN THE DEVIL
1999年。「スピーク・イングリッシュ・オア・ダイ」と変わらないサウンドだが、2度目は笑えない。ジャケットはアイアン・メイデンの「魔力の刻印」のパロディ。曲の中にはセルティック・フロスト、ロンドン・パンク、イン・エクセスのマイケル・ハッチェンス等が登場。
 
SPEAK ENGLISH OR DIE
2000年。デビュー盤に日本公演のライブ8曲、未発表曲2曲を収録。デビュー盤の日本盤ボーナストラックで入っていた「ラム・イット・アップ」は削除された。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com