HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

PIXIES

 
 
COME ON PILGRIM
1987年。7曲入りミニ・アルバム。ボーカル兼ギターのチャールズ・トンプソンを中心とする4人組。ベースは女性で、ボーカルもとる。ギターが主導権を取るロックで、メロディーはポップ。ハードロックではない。「ホリデイ・ソング」はブルー・オイスター・カルトの「ザ・リーパー」を思い出す。ニルバーナのカート・コバーンが影響を受けたことで有名。
1
SURFER ROSA
1988年。ボーカルとギターが鋭く、それが緊張感を生み出している。多少音がずれてもサウンドとしては成り立ち、魅力が薄れるということもないだろうが、当時のロックの主流であるハードロック、ヘビーメタルから見れば、やや危なっかしいという風にしかとられなかった。しかし、そこにハードロックにはない不安定さの個性があった。
2
DOOLITLLE
1989年。曲がポップになり、メロディーやサウンドも親しみやすい曲が多い。「ヒア・カムズ・ユア・マン」の前半はアソシエイションの「ネバー・マイ・ラブ(かなわぬ恋)」を思い出す。
3
BOSSANOVA
1990年。音に濁りがなく、シンバルも割れずに響く。U2をポップにし、ギターを入れ替えたような印象。オープニング曲はサーフ・トーンズのカバーだという。
4
TROMPE LE MONDE
1991年。邦題「世界を騙せ」。キーボードも使用し、全体的に音が厚い。ギターが濁らないのは一貫している。メロディーの一般的になってきた。このアルバムで解散。
 
 
DEATH TO THE PIXIES
1997年。ベスト盤。
 
 
AT THE BBC
1998年。
 
 
FRANKBLACKFRANCIS
2004年。邦題「もうひとつのピクシーズ」。
 
 
PIXIES
2005年。邦題「オリジン」。デビュー前のデモ・テープ。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com