HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

PERIPHERY

1
PERIPHERY
2010年。スクリーモのように咆哮型のボーカルと通常のボーカルが使われ、ギターでリズムを強調するサウンド。ギターソロもあり、曲が長いのでプログレッシブ・ヘビーメタルと認識される。ギターのミシャ・マンソーがプログラミングを行い、音の編集もしている。「ライト」の最後や「インソムニア」には、試行的に入れたみたかのような音の編集がみられる。「イカルス・リヴズ」の最後にはペリフェリーを紹介するコメントが入る。「レースカー」は15分超。
ICARUS EP
2011年。EP盤。9曲収録。通常のボーカルではデビュー盤よりも高い声が出ている。
2
PERIPHERY II:THIS TIME IT'S PERSONAL
2012年。多くの曲が5分から6分になった。曲の構成や組み立てに変化はない。ギターソロのためにゲストが3人参加しており、ドリーム・シアターのジョン・ペトルーシも弾いている。最初の曲は「村正」、最後の曲は「正宗」となっており、ともに日本刀の国宝級の銘柄。歌詞は特に関連はない。
CLEAR
2014年。EP盤。7曲収録。3曲はインスト曲。「エクストラニアス」はベースが作曲しているのでベースが目立つ。
3
JUGGERNAUT ALPHA
2015年。2枚同時に発売されたうちの1枚目。オープニング曲はモグワイにボーカルがついたような曲。2曲目はハードな曲になるが、3曲目以降はコヒード・アンド・カンブリアに近い作風。曲の多くは前後の曲とつながっており、1曲が2部に分かれる曲もあるので曲数は便宜的だ。ドリーム・シアターがこのくらいハードであってほしいというようなサウンドをギター3人、キーボードなしの編成でやっている。キーボードは適宜使われている。
4
JUGGERNAUT OMEGA
2015年。2枚で80分。2枚に分けたのは1枚ごとに曲調やテーマを変えるためではなく、1枚に収まらなかったからと思わせるような変化のなさだ。デビューしてまだ5年で、アルバムも2枚だけならば、2枚同時発売ができるのも今回だけかもしれない。アルバムや曲の軸足をサウンドから内容に移したとも言える。求めるものが感覚的な音から文化的な思考になったならば、このアルバム以降サウンド以外の部分で期待が持てる。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com