HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

LORDE

1
PURE HEROINE
2013年。作曲とボーカルをロードが行い、エレクトロニクスを中心とする演奏をプロデューサーが1人で行っている。物質的豊かさよりも精神的成熟を重視する「ロイヤルズ」がヒットしている。シンガー・ソングライターがエレクトロニクスを使っているような雰囲気で、明るさや快活さはないが暗いというわけでもない。ジェイムス・ブレイクに近いが、ジェイムス・ブレイクよりも芯の強さがある。「ロイヤルズ」は社会全体に通用する訴えを提起しているため、上位層や意識的中間層から大きな支持を得た。日本盤は2014年発売。
2
MELODRAMA
2017年。女性コーラス、ホーンセクション、ピアノなど、聞き慣れた音を多用している。プロデューサーが変わり、作曲もロードとプロデューサーによる共作が多い。ジェイムス・ブレイクのようなやや陰鬱な曲もあるが、前作ではみられなかった「グリーン・ライト」「スーパーカット」のような前向きな曲も入っている。シンセサイザー等で代用しているとはいえ、伝統的な音を取り入れ、前向きな曲も入ったことが安心感を生む。聞き手は大きく広がるとみられる。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com