HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

KEANE

1
HOPES AND FEARS
2004年。ボーカル、キーボード兼ベース、ドラムの3人編成。キーボードはピアノ中心。ギターの音は一切出てこない。ベースもほとんどがキーボードで代用されている。ピアノは明るめの音色で、エコーがかかっている。ロックの騒々しさがなく、サウンド全体に澄んだ雰囲気がある。ボーカルの声も高めで、力強さや推進力よりも歌い上げることに主眼を置いている。
2
UNDER THE IRON SEA
2006年。邦題「アンダー・ザ・アイアン・シー・深海」。前作にドラマチックさやサウンドの厚みが加わり、サビのメロディーも覚えやすくなった。コールドプレイからギターを抜いたような曲もある。「イズ・イット・エニー・ワンダー?」はギターを使ったようなイントロで始まり、方向転換かと思わせる。「ハンブルグ・ソング」はドラムが出てこないバラード。「クリスタル・ボール」はいい曲だ。
3
PERFECT SYMMETRY
2009年。ボーカルとキーボードがギターも弾くようになったが、あくまでも補助的な使い方でほとんど目立たない。「アンダー・ザ・アイアン・シー・深海」のメロディーに近く、オープニング曲からキーン特有の急降下旋律が聞ける。キーボード主体のメロディアスなロックバンドのサウンドだ。メロディーが前向きで、聞き手に活力を与える。「ユー・ハヴント・トールド・ミー・エニシング」はマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」の基本メロディーを思い出す。
 
NIGHT TRAIN
2010年。邦題「ナイト・トレイン-夜行列車-」。ライブツアーの合間に作曲した8曲を収録。「ルッキング・バック」は映画「ロッキー」のテーマの有名フレーズを使う。「以心電信」はイエロー・マジック・オーケストラのカバーで、日本語の歌詞を日本人女性が外国人のような発音で歌う。ゲストが参加しない曲は従来のキーンのサウンドで、メロディーには安心感を覚える。
4
STRANGELAND
2012年。ベースが加入し4人編成。ギターをほとんど使わなくなり、キーボードとボーカルでメロディーをつくる。メロディーのよさとボーカルのうまさが際だつ。コールドプレイにあるような繊細さよりは、音のぬくもりがある。どの曲もいい曲で、逆に突出した曲が見いだせない。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com