HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

INTERPOL

1
TURN ON THE BRIGHT LIGHTS
2003年。ボーカル兼ギターが2人、ベース兼キーボード、ドラムの4人編成。アメリカ・ニューヨーク出身。ギターとキーボードはニューウェーブ、ボーカルはパンクからニュー・ウェーブ、ニュー・ロマンティックの雰囲気で、曲はおおむね暗い。キーボードが入ったオアシスで、ドアーズのジム・モリソンが歌っているような感じだ。「セイ・ハロー・トゥ・ジ・エンジェルズ」や「ローランド」はハードな方だが、ボーカルが抑え気味で声を張り上げず、そこがジム・モリソンとは異なっている。
2
ANTICS
2004年。サウンドの暗さがやや薄れ、明らかなニューウェーブの影響を感じることはなくなった。ギターにバリエーションが出てきたので、曲のイメージも幅広くなっている。ハードさがあり、ロックらしくなった。
3
OUR LOVE TO ADMIRE
2007年。
4
INTERPOL
2010年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com