HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

THE HIVES

 
OH LORD!WHEN?HOW?
1996年。ギター2人の5人編成。スウェーデン出身。ミニアルバム。スピーディーで荒々しいサウンド。高速なパンク。過去に存在しなかったようなサウンドというわけではない。ハードコア風の要素も多分に含んでいる。「サム・ピープル」は実際の曲名が34語もある長いタイトル。全曲をメンバーではない他人が作曲していることになっている。6曲で11分。
1
BARELY LEGAL
1997年。ミニアルバムのサウンドをそのままこのアルバムでもやっている。スピーディーだがボーカルはセックス・ピストルズやクラッシュを思い出させる。アルバム・デビューを機にメンバーが名前を変えているが、デンジャラスやディストラクション、ヴィジランテなど遊び半分になっている。日本盤は2002年発売。
2
VENI VIDI VICIOUS
2000年。スピード一辺倒ではなくなり、編曲に気を配った曲も出てきた。それほど速くないテンポの曲もあり、キーボードらしき音も使っている。「ファインド・アナザー・ガール」はソウル歌手、ジェリー・バトラーのカバーで、ともにインプレッションズのメンバーだったジェリー・バトラーとカーティス・メイフィールドの作曲。日本デビュー盤。
3
YOUR NEW FAVORITE BAND
2000年。過去のアルバム、シングルから選曲した企画盤。12曲のうち10曲は日本盤ボーナストラック等に収録されている。最後の2曲はシングルにもアルバムにも収録されていない。この企画盤が世界的にヒットし、ホワイト・ストライプスやストロークスとともにロックン・ロール・リバイバルの火付け役となった。日本盤は2002年発売。
4
TYRANNOSAURUS HIVES
2004年。デビューのころに聞かせていた荒々しさや無軌道さが控えめになり、管理されたサウンドが聞ける。キーボードやコーラスを使用。ポップなロックン・ロールに向かいつつある。
5
THE BLACK AND WHITE ALBUM
2007年。
6
LEX HIVES
2012年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com