HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

HATEBREED

1
SATISFACTION IS THE DEATH OF DESIRE
1997年。ギター2人の5人編成。アメリカ・コネチカット州出身。サウンドだけ聞けばメタル・コアに近い。ボーカルはメタル・コアと同じ歌い方。曲のほとんどが1分台で、14曲全体で25分しかないところがハードコア・バンドだ。最近のメタル・コアは、ギターソロを流れるようなメロディで演奏し、その部分だけがスウェーデン・イエテボリのメロディック・デス・メタル風になることが多いが、このバンドはギターソロがあくまでもスラッシュ・メタル風である。
2
PERSEVERANCE
2002年。曲がやや長くなり、15曲のうち1分台と3分台が2曲ずつ、残りの11曲が2分台。基本的な部分は変わっていない。ひたすらスラッシュ・メタル風、ハードコア風のサウンドを求め、メロディアスなギターソロはいらないという人は満足する音。
3
THE RISE OF BLUTALITY
2003年。ギターが1人抜け4人編成。サウンドは変わらず。曲が多い上に同じような展開だとどれも同じような曲に聞こえる。
4
SUPREMACY
2006年。
FOR THE LIONS
2009年。
5
HAREBREED
2009年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com