HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

HANOI ROCKS

1
BANKOK SHOCKS SAIGON SHAKES
1981年。邦題「白夜のバイオレンス」。ギター2人の5人編成。フィンランド出身。ボーカルのマイケル・モンロー、ギターのアンディ・マッコイが中心。マイケル・モンローはサックスも兼任する。アメリカのロックン・ロールやイギリスのグラム・ロックが主体のサウンドで、フィンランドをイメージさせる部分は少ない。「ロスト・イン・ザ・シティ」の途中にローリング・ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のメロディーが出てくる。「白夜のトラジディ」「涙のシャイアン」収録。
2
ORIENTAL BEAT
1981年。前作の路線。「炎のドライビン」はイギリスのパンクの歌い方を模している。「デビル・ウーマン」はクリフ・リチャードのカバーではない。日本盤は1983年発売。
 
SELF DESTRUCTION BLUES
1982年。未発表曲を集めた企画盤。日本盤は1983年発売。
3
BACK TO MYSTERY CITY
1983年。邦題「ミステリー・シティ~ハノイ・ロックス4」。ドラムが交代。イギリスで人気が出た。印象的な曲がない前作と比べれば、聞いているうちに何度かは気にとめるメロディーが出てくる。「マリブ・ビーチの誘惑」「アイス・クリーム・サマー」収録。
 
 
ALL THOSE WASTED YEARS
1984年。邦題「燃えるロンドン・ナイト」。ライブ盤。
4
TWO STEPS FROM THE MOVE
1984年。オープニング曲はクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「アップ・アラウンド・ザ・ベンド」のカバー。曲がよくなり、ロックン・ロールのアルバムとしてもすばらしい。このアルバムのみアメリカでは大手レコード会社から出ている。
 
 
MILLION MILES AWAY
1985年。ベスト盤。ドラムのラズルが交通事故死し、解散。
 
TRACKS FROM A BROKEN DREAM
1990年。未発表曲集。「マリブ・ビーチの誘惑(カリプソ・ヴァージョン)」収録。
5
TWELVE SHOTS ON THE ROCKS
2002年。ボーカルのマイケル・モンローとギターのアンディ・マッコイが再結成。その他の3人は以前のメンバーではない。アンディ・マッコイが単独で作曲した「ア・デイ・レイト、ア・ダラー・ショート」はキーボードを使用し、デビュー以来の作曲能力の高さを維持している。マイケル・モンローの作曲には出来不出来の差がある。「ウィングド・ブル」はダリル・ホール作曲。
6
 
ANOTHER HOSTILE TAKEOVER
2005年。日本のみ発売。
7
STREET POETRY
2007年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com