HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

FEE

1
WE SHINE
2006年。フィーはアメリカのロックバンド。歌詞はキリストを賛美しており、アメリカでもクリスチャン・ロックとして認識されている。ボーカル兼ギター兼キーボードのスティーブ・フィーが中心人物と思われる。クリスチャン・ロックバンドには、メンバーが意図的にキリスト教寄りの詞を書く場合と、無意識に書いた詞がキリスト教寄りになる場合があり、フィーは前者だ。したがって広く受け入れてもらうことが第一であり、サウンドも一般的なアメリカン・ロックだ。「オール・ビコーズ・オブ・ジーザス」「グロリアス・ワン」収録。「ハッピー・デイ」はゴスペルで有名な「オー、ハッピー・デイ」のカバーではない。
2
HOPE RISING
2009年。前作に続きメロディアスなロック。ドラムの演奏能力が上がっている。頻繁に「ジーザス」が連呼されるが、それ以外は質の高いロックとして聞ける。「ウィ・クラウン・ユー」は女性歌手とダブル・ボーカルをとる。「グローリ・ト・ゴッド・フォーエヴァー」収録。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com