HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

EQUILIBRIUM

1
TURIS FRATYR
2005年。邦題「神々の紋章」。ギター兼キーボードを中心とする4人編成で、ドラムは不在。ドイツ出身。ボーカルはデス声で、メロディーはオーケストラ、木管楽器、アコーディオンを中心とするシンセサイザーが主導する。ドラムはドラム・マシーンを使用し、ギターはベースとともにドラムとシンセサイザーの間を埋める。スピーディーなので、サウンドとしては民謡の要素が強いメロディック・デス・メタルにも近い。歌詞はドイツ語で、北欧神話を歌う。全曲に邦題がついている。
2
SAGAS
2008年。ドラムが加入し5人編成。サウンドは前作の延長線上にあるが、曲をシンセサイザーで埋め尽くさず、各楽器が単独で演奏される部分を適度に組み入れた。これによってギター、ドラムが随時目立つようになり、曲にめりはりができている。メロディーは前作よりさらに覚えやすく、この手のサウンドにしては珍しくハードさと両立している。オープニング曲の「序章」は2曲目へのイントロではなく、「序章」というタイトルの独立した1曲。最後の「マナ」は16分を超えるインスト曲。構成がいいのか、それほど長くは感じない。
3
REKREATUR
2010年。邦題「再創神」。ボーカルが交代。キーボードがメロディーをけん引し、ギターはリズム楽器またはキーボードとの併走が多い。「太古の時より」は明るいメロディーの方が多い。どの曲も音で埋め尽くされているが、メロディーやリズム転換がいいので押しつけがましさを感じない。ボーカルがなくても成り立つアルバムだ。最後の曲は13分。
WALDSCHREIN
2013年。邦題「神碧の社」。EP盤。タイトル曲のみが新曲で、「嵐を呼ぶ漢」は「神々の紋章」収録曲の再録音。「破邪の神槌」はデビュー前に作曲した未発表曲の再録音。「ヒンメルスラント」はゲーム音楽のカバー。
4
ERDENTEMPEL
2014年。邦題「源祭壇」。キーボードがつくるメロディーをデス声で歌うヨーロッパ型ヘビーメタル。デスメタル由来のメロディック・デスメタルにある衝動昇華的な威圧感はなく、2000年代以降のヨーロッパ型ヘビーメタルにデス声のボーカルがいるというサウンド。「笛吹き呑んだくれの誓い」「居酒屋ガウディで半狂乱」は、1980年代にザ・ポーグスが陽気な踊りやすいアイリッシュ・パンクをロックに持ち込んだのと同様に、民謡メタル、ヨーロッパ型ヘビーメタルでこれを再現している。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com