HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

ENSIFERUM/WINTERSUN

1
ENSIFERUM/ENSIFERUM
2001年。ボーカル兼ギター、ギター、ベース、ドラムの4人編成。フィンランド出身。北欧民謡のメロディーをデス・メタルに導入したバンド。フィントロールのトロールホーンがキーボードで参加。北欧の民族楽器であるカンテレ奏者も参加している。民謡の要素があるなしにかかわらず、メロディック・デス・メタルとして優れた内容だ。「アバンダンズ」はブラインド・ガーディアン風に、「ウィンドライダー」はファルコナー風にも聞こえる。
2
IRON/ENSIFERUM
2004年。キーボードが加入し5人編成。いない方が勇ましく聞こえるので、どっちがいいかは聞き方次第。強力な個性がやや薄れ、普通のヘビーメタルに近くなった。ギターがリズムを短く刻んで、メロディーはキーボードに任せるところは、ハードさが引っ込む。前作と同様に普通のボーカルで歌うところもある。女性ボーカルもある。
3
VICTORY SONGS
2007年。1曲目は3分のインスト曲。長いイントロのようなもの。ヘビーメタルのサウンドが始まるのは2曲目から。カンテレ、ニッケルハルパ、バグパイプ、ブズーキ、リコーダーなど、ヨーロッパの民族楽器はおおかた使っている。民族楽器とギターが同時に同じメロディーを演奏し、民族楽器が曲に輪郭を与える。このときギターはベースの役割を担っており、同時にサウンドに厚みを加えている。もともとベースはメロディー楽器(この場合ギター)とリズム楽器(ドラム)の間を埋めるために存在しているようなもので、そうした役割がギターでもできればそれでも構わない。このアルバムでは、ギターをベースのように扱う部分がよくある。歌詞は求道的、戦闘的で、理想世界の物語だ。精神性が強く美化されている。ほとんどの曲がアップテンポ。アルバムタイトル曲は10分半。日本盤ボーナストラックの「レディ・イン・ブラック」はユーライア・ヒープの「黒衣の女」のカバー。
4
FROM AFAR
2009年。
5
UNSUNG HEROES
2012年。
 
WINTERSUN/WINTERSUN
2004年。エンシフェルムのボーカル兼ギターが結成したバンド。ベース、キーボードも兼任し、ドラムは他人に任せている。8曲のうち、2曲目以降はだんだん曲が長くなり、最後の曲は10分以上。しかし、エンシフェルムを離れたことの意味を感じにくい。後半の展開の多い曲をやりたかったのか。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com