HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

EGG

 
ARZACHEL/ARZACHEL
1969年。エッグのメンバーとギター兼ボーカルのスティーブ・ヒレッジが変名で出したというバンドのアルバム。ギターとオルガンが豪快に演奏され、エコーが深くかかるのでエッグよりはるかにロック寄りに聞こえる。
1
EGG/EGG
1970年。ボーカル兼ベース、ドラム、オルガンの3人編成。イギリス出身。クラシック音楽を多数使用している。エマーソン・レイク&パーマーと同じ編成で指向も同じだがエマーソン・レイク&パーマーの方があとからデビュー。キーボードはオルガン中心で、あまり一般的ではない拍子で曲が進むようだ。「フーガ・ニ短調」はバッハ、「交響曲第2番」の第1楽章はグリーグの「山の魔王の宮殿にて」、第2楽章はストラビンスキーの「春の祭典」の「乙女たちの踊り」を使用。「交響曲第2番」は20分を超える4部構成のインスト。
2
THE POLITE FORCE/EGG
1970年。クラシックの使用は「ボイルク」のみで、バッハのカンタータ「天より雨と雪の降るごとく」を使用。「コントラソング」はホーン・セクションが入る。前作と同様、B面は4部構成のインスト。この後解散。
3
THE CIVIL SURFACE/EGG
1974年。再結成。7曲のうちボーカルがあるのは1曲で、2曲は管楽四重奏曲。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com