HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

CHIMAIRA

 
 
THIS PRESENT DARKNESS
2000年。シングル。
1
PASS OUT OF EXISTENCE
2001年。ギター2人、エレクトロニクス担当を含む6人編成。アメリカ・オハイオ州出身。エレクトロニクスは、曲の中でアクセントのように聞こえる人工的な音を担当しているようだ。フィア・ファクトリーと比較されるのは妥当。バンドの演奏はメタルコア。
2
THE IMPOSSIBILITY OF REASON
2003年。エレクトロニクスが出てくる頻度が大きく減り、通常のメタルコアそのものに近い。日本盤の帯の「ニュー・ウェイヴ・オヴ・アメリカン・ヘヴィ・メタル」はアメリカのレコード会社が考えたという。
3
CHIMAIRA
2005年。典型的なメタルコア。平均6分で、多くの曲が突進するので聞き終わると疲労が残る。メロディック・デス・メタルのような曲調も見られる。デビューしたときのようなフィア・ファクトリーの印象はなく、キーボード兼サンプリング担当がいること自体を忘れてしまう。ハードなサウンドだが、メタルコアとしては個性が薄い。
4
RESURRECTION
2007年。
5
INFECTION
2009年。
6
THE AGE OF HELL
2011年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com