HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

CASANOVA

1
CASANOVA
1991年。マッド・マックスのボーカル、マイケル・ボスを中心とする4人組。ドラムはウォーロックのメンバー。メロディアスなハードロックで、ドイツとアメリカのいいところを持っている。ドイツのハードロック・バンドとしては、ボンファイアよりロックンロール寄りだ。日本盤は1992年発売。
2
ONE NIGHT STAND
1992年。アメリカのハードロックに近くなり、ロックンロールの割合も増えた。したがってアルバム全体に活気がある。このアルバムで日本デビュー。「ガンズ・セイ・ファイア」収録。この年フェア・ウォーニングがデビューし、カサノヴァが活動休止中に人気を得た。
 
SOME LIKE IT DIFFERENT...ACOUSTIC
1993年。邦題「アコースティック・ナイト」。アコースティック・ギターで演奏。6曲のうち3曲はアルバム未収録曲。アクセプトのギター、ウルフ・ホフマンがプロデュース、ドラムのステファン・カウフマンが録音。
 
BURN RUBBER/DEMON DRIVE
1995年。カサノヴァのマイケル・ボスとボンファイアのギター、エンジェル・シュライファーのグループ。ベースとキーボードはカサノヴァのメンバー、ドラムはレターXのメンバー。メロディアスなハードロック。カサノヴァよりも明るい曲が多い。ボンファイアに近いか。「バーン」はディープ・パープルの「紫の炎」のカバー。
TICKET TO THE MOON
1997年。
3
HEROES
1999年。マイケル・ボスはボーカル兼ギター兼キーボードになり、音の厚みが増した。オープニングの2曲はすばらしく、アルバムタイトル曲はハードロックの名曲だ。「ワン・ナイト・スタンド」ほどロックン・ロールを入れず、オーソドックスなハードロックが多い。後半は暗めの印象がある。
 
SWAY
1999年。未発表曲6曲とチープ・トリックの「甘い罠」のカバー。「ヒーローズ」の路線。サウンドがシンプルなのはロックの世界的な傾向だ。「オール・ザット・マターズ」は明るめ。
4
ALL BEAUTY MUST DIE
2004年。キーボードをこれまで以上に使用し、内容も幅広い。しかし、ポップにはならず、「ヒーローズ」の路線を守っている。「ノット・オーヴァー・ユー」はバックの演奏が流行を取り入れた人工的サウンドも聞かれるが、オープニング曲から続く厚めのコーラスでハードロックにとどまらせている。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com