HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

CANNIBAL CORPSE

1
EATEN BACK TO LIFE
1990年。邦題「屍鬼」。ギター2人の5人編成。アメリカ・ニューヨーク州出身。サウンドは以前からある典型的デス・メタルと変わるところはなく、ジャケットだけがパロディー的ひんしゅくを買うようにし続けているバンド。ハードコアと言えなくないが、オープニング曲の「細切れ人間」とエンディング曲の「裏庭に埋葬されて…」は5分以上ある。「散乱する肉片、飛び散る脳味噌」「うじ虫だらけの頭蓋骨」収録。
2
BUTCHERED AT BIRTH
1991年。邦題「斬鬼」。ボーカルのデス声がさらに低い声になっている。「ボミット・ザ・ソウル」はデス声でのダブル・ボーカルがある。1曲平均4分。「ミート・フック・ソドミィ」「死肉喰い」「腐乱死体の下に…」収録。
3
TOMB OF THE MUTILATED
1992年。邦題「殺鬼」。ミドルテンポが少なくなり、ほとんどの曲がスピーディーになっている。ベースの音がアイアン・メイデンのスティーブ・ハリスに近くなった。日本盤ボーナストラックでブラック・サバスの「ゼロ・ザ・ヒーロー」をカバー。「破壊された顔面」「少女屍姦」収録。
4
THE BLEEDING
1993年。日本デビュー盤。ギターソロやバックの演奏が向上。ジャケット以外の特徴がやっとできた。ギターのアレンジが前作とは異なっており、どの曲も明確なメロディーを持たせている。ギターの切れもよい。デスメタルの中では推奨できるアルバム。ジャケットは全体の中の一部が使われているが、全体を見てもおとなしい。曲のタイトルに邦題がなくなった。「ストリップト・レイプド・アンド・ストラングルド」収録。最高傑作。
5
VILE
1996年。邦題「顰蹙」。ボーカルが交代。前作を引き継いだサウンドで、質も高く感じる。ボーカルが変わったことによる聞き手の不安を取り除くため、オープニング曲のイントロは猛烈に突進して安心させている。前作とは逆にすべての曲に邦題がついている。この手のバンドとしては、日本のレコード会社の力のいれようが大きい。
6
GALLERY OF SUICIDE
1998年。「殺鬼」以前の作風に戻ったか。それともプロデュースの仕方が悪いだけなのか。「フロム・スキン・トゥ・リキッド」は珍しくゆっくりした長めの曲。日本盤ボーナストラックの「サクリファイス」はカナダのサクリファイスのカバー。
7
BLOODTHIRST
1999年。再び「ブリーディング」「顰蹙」のころのサウンド。日本盤ボーナストラックの「コンフェッションズ」はポゼストのカバー。ジャケットは人間ではなく人間のようなものになっている。
 
LIVE CANNIBALISM
2000年。ライブ盤。スタジオ盤と変わらない激しさを持っている。無論、そうでなければ出さない。観衆の声がライブハウスのように聞こえ、バンドのサウンドに見合う歓声の少なさだ。
8
GORE OBSESSED
2002年。これまでの路線とは異なり、ボーカルやギターがニュー・ウェイブ・オブ・アメリカン・ヘビーメタルに近づいている。このバンドには、他のバンドにない特殊なイメージが染みついているので、その路線から大きくそれていなければ安易にデス・メタルだと判断してしまう。このアルバムにはデス・メタル特有のデス声だけではなく、デス声から絶叫に至るニュー・ウェイブ・オブ・アメリカン・ヘビーメタルの特徴があり、「グロテスク」はそれが顕著だ。
 
WORM INFESTED
2003年。シングル盤。「ディーモンズ・ナイト」はアクセプトの、「コンフェッションズ」はポゼストの、「ノー・リモース」はメタリカのカバー。
 
 
15 YEARS KILLING SPREE
2003年。4枚組ボックスセット。ベスト盤2枚とアルバム未収録曲等を含む企画盤1枚と映像集1枚。
9
THE WRETCHED SPAWN
2004年。これまでの曲とこのアルバムの曲を無作為に並べられても、このアルバムの曲だと分かる要素は少ない。すなわち、このアルバムらしき特徴はこれといってない。曲のイントロではハードコア風になっても、その後リズム転換がしつこくなされるので、ヘビーメタル・バンドとしての目印は保っている。日本盤は海外盤とジャケットが異なる。13曲で44分。
10
KILL
2006年。ギターが交代。1曲目、2曲目ともすぐにボーカルが入り、絶叫になっている。他の曲でも時折絶叫があり、エネルギーの放出、解放とでもいうような、いわば「ガス抜き」がある。アンサンブルは緻密に組み立てられていて、それが演奏技術によって支えられていることも分かるが、デスメタルというサウンドの性質上、分かりにくくなっている。日本盤の帯にある「偽者」「本物」は宣伝文句として幼稚だ。13曲で42分。
11
EVISCERATION PLAGUE
2009年。過去のアルバム収録曲がこのアルバムに入っていても、もはや気付くことが難しいほど一貫したサウンドだ。デビューから20年経っているので、加齢とともにサウンドの変化があってもおかしくない。海外、特に英語圏の場合、25年を超えると「変わらないで存在すること」の価値が認められてくるだろう。日本盤の場合、3作連続でジャケットがおとなしい。12曲で39分。
12
TORTURE
2012年。デスメタルとしては最高レベルの曲と演奏。メンバーの技術が高いため演奏が安定し、どの楽器も明確に聞こえる。12曲で44分。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com