HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

BUSH

1
SIXTEEN STONE
1995年。ボーカル兼ギターを含む4人編成。イギリス出身のオルタナティブ・ロック・バンド。一般に想像されるオルタナティブ・ロックをやっており、ベースは低く、ギターもそれほど高い音や技巧的フレーズを出さない。パール・ジャムの「Vs.」に近いサウンド。「グリセリン」はストリングスが入る。全米4位、600万枚。
2
RAZORBLADE SUITCASE
1996年。前作と同路線で、オーソドックスなオルタナティブ・ロック。「ボーンドリヴン」で再びストリングスを使っている。全米1位、300万枚。
 
 
DECONSTRUCTED
1997年。「シックスティーン・ストーン」と「レザーブレイド・スーツケース」収録曲のリミックス盤。全米36位。
3
THE SCIENCE OF THINGS
1999年。エレクトロニクスを導入したかのようなサウンドになっている曲もあるが、基本は従来のオルタナティブ・ロック。アルバム全体を統一した雰囲気にしたかったのかもしれないが、後半は抑揚の少ない曲が続き、ロックのハードさはあまり感じられない。全米11位。
4
GOLDEN STATE
2001年。適度にハードな曲が効率的に並べられ、最高傑作となった。オルタナティブ・ロックの一般的なイメージにとらわれた曲調から、オーソドックスなロックに変わったとも言える。レコード会社が変わったため、作曲上の制約がなくなったのかも知れない。
5
THE SEA OF MEMORIES
2011年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com