HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

BULLET FOR MY VALENTINE

 
BULLET FOR MY VALENTINE
2004年。シングル盤。ボーカル兼ギター2人の4人編成。フューネラル・フォー・ア・フレンドよりもさらにヘビーメタル寄り。ボーカル兼ギターの2人が通常のボーカルで歌い、ベースが絶叫型ボーカルで歌う。ソイルワークやアーク・エネミーが出てきたときと同様、バックの演奏はヘビーメタルで、ボーカルだけが異なるジャンルの形態を持っている。ヘビーメタルの定義を再考させると同時に、ヘビーメタルの表現の幅を拡張させるバンドのひとつ。
 
BULLET FOR MY VALENTINE
2005年。シングル盤。「ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン」に「4ワーズ(トゥ・チョーク・アポン)」を加えた日本盤。
1
THE POISON
2005年。シングル盤の路線を踏襲。バックの演奏がヘビーメタルであるスクリーモと言える。ボーカルの歌唱力が上がれば同系統のバンドから一歩抜け出せるのではないか。通常のボーカルと絶叫型ボーカルが両方いるバンドは、通常のボーカルが一本調子であることが多く、ボーカルで差がつかないことが多い。このバンドが他のバンドと差別化できる点はヘビーメタルに近いサウンドであってボーカルではない。
2
SCREAM AIM FIRE
2008年。前作と同じ路線の曲も含まれるが、2人のボーカルが通常の歌い方で、2声のコーラスまでとる曲が複数ある。「ハーツ・パースト・イントゥ・ファイア」「ディスアピア」「フォーエヴァー・アンド・オールウェイズ」は曲調が明るめで、サウンドの転換を強く印象づけている。この3曲はデス声が出てこないので、変化が余計に強調される。ヘビーメタルに近いサウンドでデビューしたことがよかったのか、まずかったのかはこれからの活躍次第で決まるだろう。
3
FEVER
2010年。切れのよい小刻みなギター、メロディアスで抑揚の大きいボーカルがロックの高揚感を大きく盛り上げる。ネット配信や音楽の携帯が広まっているので、アルバムをアルバムとして制作する意識が薄れているのかもしれないが、バラードやミドルテンポの曲がない。音楽的な幅は狭いが、逆にいえばどこから聞いてもブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインの音となっている。ボーカルはスクリーモと変わらない。日本盤ボーナストラックの「ラスト・ファイト(アコースティック・バージョン)」はピアノとストリングス系キーボードでの演奏、「ロード・トゥ・ノウウェア」はアコースティック・ギターを使用、あとの2曲はロック。
4
TEMPER TEMPER
2013年。ヘビーメタルに近いサウンドで、ボーカルが若い声で歌い、スクリーモのような歌い方は減っている。サウンドはシンプルで、音の厚みを加えるような編集はされていない。ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインとしてはスクリーモを使わずに親しみやすいヘビーメタルを目指したのかもしれないが、牙の無くなった猛獣のようなイメージとなっている。曲だけで勝負するには早すぎたか。
5
VENOM
2015年。ベースが交代。ベースはボーカル兼ギターが演奏している。オープニングの「ファイヴ」は1分半のイントロで、実質的に「ノー・ウェイ・アウト」から始まる。全体にメロディアスなメタルコア、情緒的なメタルコア、あるいは絶叫のやや少ないスクリーモと言えるサウンド。デビューしたころのサウンドに近く、メロディーは覚えやすくなっている。ボーカルの絶叫があっても威圧感は少ない。ライブで客が歌うことを想定したような「ユー・ウォント・ア・バトル?(ヒアーズ・ア・ウォー)」と、薄くエレクトロニクスが入ったアルバムタイトル曲が新しい要素となっている。メタルコアの代表的バンドという評価はまだ維持できている。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com