HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

AT THE GATES

1
THE RED IN THE SKY IS OURS
1992年。バイオリン、ギター2人を含む6人編成。スウェーデン出身。デス・メタルとブラック・メタルの間をいくサウンド。ボーカルはデス声ではなく、ブラック・メタルに近い。バイオリンはあまり活躍せず、出てこない曲の方が多い。
2
WITH FEAR I KISS THE BURNING DARKNESS
1993年。バイオリンが抜け5人編成。バックの演奏はデス・メタル、ボーカルは抑揚の少ない絶叫型になっており、いわゆるメタルコアの先駆者ではないか。音楽的に他のバンドに圧倒的な差を付けた。
3
TERMINAL SPIRIT DISEASE
1994年。正式なアルバムだがスタジオ録音は6曲、3曲はライブ。再発売盤はライブが3曲追加されたのでスタジオ録音とライブが6曲ずつになっている。ライブではいまだデス・メタルに近いサウンド。メタルコアへの過渡期。
4
SLAUGHTER OF THE SOUL
1995年。ギター・ソロにはっきりしたメロディーがつき、リズムも激しくなった。完全に他のバンド群から抜け出し、デス・メタルの最先端バンドだ。このバンドはこれで解散し、ザ・ホーンテッドが結成されるが、ニュー・ウェイブ・オブ・アメリカン・ヘビーメタル、メタルコアに多大な影響を与えたことは想像に難くない。スウェーデン・イエテボリのバンドとしては最も重要なバンドのひとつ。傑作。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com