HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

ANDREW W.K.

1
I GET WET
2002年。邦題「アイ・ゲット・ウェット~パーティー・一直線!」。キーボードを含んだハードロックのサウンドで、どの曲にもボーカルと演奏に勢いがある。曲調も明るめで、メロディーを覚えやすい。どの曲も3分台以下で、短い曲は1分半で終わる。アンドリューWKはボーカルのみ担当。全曲に邦題が付いている。「パーティー・一直線!」「吐くまでパーティー」収録。ドラムはオビチュアリーのメンバー。
 
PARTY TIL YOU PUKE
2002年。世界デビューする前のシングルを集めた企画盤。コンピューターで曲を作っているのか、エレクトロ・ロックのようなサウンドがある。シングルといってもデモ・バージョンのような音質だ。6曲収録、そのうち3曲が「吐くまでパーティー」。
2
THE WOLF
2003年。邦題「一匹狼」。前作よりもメロディアスになり、曲も若干長くなった。パーティーのことを歌っているのは1曲しかない。前作と同様、全曲に邦題が付く。「ヤラせろ!」は前作の日本盤ボーナストラックと同じ。
3
CLOSE CALLS WITH BRICK WALLS
2006年。邦題「兄貴、危機一髪!」。「一匹狼」のメロディアスな部分をさらに進め、一般的なロック、ハードロックになった。パーティーにかかわる曲はない。そうしたイメージの曲もない。アンドリューWKのもともとの姿はこのアルバムであって、「パーティー・一直線!」は一部を部分拡大したサウンドではないか。曲は短くなり、平均2分半。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com