HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

ALICE IN CHAINS

1
FACELIFT
1990年。4人編成。グランジ・ロックと呼ばれるアーティスト群では、デビューからその特徴を持っていたバンド。全米42位、200万枚。
 
 
SAP
1992年。4曲入りミニ・アルバム。全米29位。
2
DIRT
1992年。曲がすばらしくなり、メロディアスになった。ボーカルのレイン・ステイリーとギターのジェリー・カントレルが両方とも実力を発揮し、適度な緊張感とハードさ、倦怠感が漂う。「ジャンクヘッド」のギターソロは一瞬動作が止まるほどだ。「ゴッドスマック」「ダウン・イン・ア・ホール」収録。全米6位、400万枚。
 
JAR OF FLIES
1994年。邦題「アナザー・サイド・オブ・アリス」。ベースがマイク・アイネズに交代。7曲入りミニ・アルバム。「ダート」並みの曲の良さがあり、「ダート」とは異なるサウンドを持つ。ヘビーメタル、ハードロックからやや遠ざかり、アコースティック・ギターを多く取り入れている。アメリカではアルバムと解釈され、ミニ・アルバムで初めて全米チャートの1位を取った。「ノー・エクスキューセス」収録。全米1位、200万枚。
3
ALICE IN CHAINS
1995年。ボーカルの大部分がコーラスになっており、ボーカルのレイン・ステイリーが歌唱力を発揮するところはほとんどない。メロディアスな部分も減り、質の低下は否めない。海外盤はジャケットが異なる。全米1位、200万枚。
 
 
MTV UNPLUGGED
1996年。邦題「アンプラグド」。全米3位。
 
 
NOTHING SAFE
1999年。ベスト盤。新曲収録。
 
 
LIVE
2000年。ライブ盤。1か所のライブではなくライブ集。
 
 
GREATEST HITS
2001年。ベスト盤。
4
BLACK GIVES WAY TO BLUE
2009年。邦題「ブラック・トゥ・ブルー」。ボーカルのレイン・ステイリーが2002年に亡くなっており、ボーカルは変わっている。90年代前半に戻ったかのようなグランジ・ロックのサウンド。ボーカルの歌唱力が高く、サウンドと歌い方が合っている。「レッスン・ラーンド」はオアシスの曲をグランジ・ロックで演奏したような曲。「ブラック・ギヴス・ウェイ・トゥ・ブルー」はクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングのロック版。エルトン・ジョンがピアノを弾いている。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com