HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

THE ZUTONS

1
WHO KILLED......THE ZUTONS
2004年。邦題「誰がザ・ズートンズを殺ったのか?」。サックス奏者を含む5人編成。イギリス出身。サックス奏者は女性。サウンドは60年代風のシンプルなロックで、曲に詰め込まれる音の数は少ない。少なくとも90年代、2000年代に主流となったサウンドからはかなり離れている。サックスがサウンドのイメージに大きな影響を与えており、ソロを取らず控えめに鳴る演奏が怪しさを出している。ボーカルの素人臭さもそれを助長する。
2
TIRED OF HANGING AROUND
2006年。サウンド全体の厚みが増し、70年代のグラム・ロック、ポップスに近くなった。減衰音中心から持続音中心になり、曲がすきまなく音で埋められている。他のアーティストに比べれば一般的なサウンドだが、サックスと女性のコーラスが個性を決定している。
3
YOU CAN DO ANYTHING
2008年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com