HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

THE WHITE STRIPES/THE RACONTEURS

1
THE WHITE STRIPES
1999年。姉のメグ・ホワイトがドラム、弟のジャック・ホワイトがボーカル兼ギター。自宅で録音され、ベースは不在。70年代のガレージ・ロックのようなサウンドで、ベースがない分、ギターとドラムの迫力が大きく伝わる。ジャック・ホワイトのボーカルはレッド・ツェッペリンのロバート・プラントに似ており、ギターはジミ・ヘンドリクスとレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジを思い出させる。楽器の数が少ないために緊張感が増幅される。日本盤は2003年発売。「ストップ・ブレイキング・ダウン」はロバート・ジョンソン、「ワン・モア・カップ・オブ・コーヒー」はボブ・ディランの「コーヒーもう一杯」のカバー。
2
DE STIJL
2000年。オープニング曲から流れるようなメロディーがあり、一般性が増した。全体的にブルース寄りのサウンドで、自分の才能よりも影響を受けたアーティストへの賛辞を前面に出したアルバム。曲によってピアノ、ハーモニカ、バイオリンが適度に使われる。「デス・レター」はサン・ハウス、「ユア・サザン・カン・イズ・マイン」はブラインド・ウィリー・マクテルのカバー。タイトルの「デ・ステイル」は1917年にオランダで創刊された美術雑誌の名前。20世紀美術史では、抽象絵画主義とシュールレアリスムが2大潮流となるが、「デ・ステイル」は抽象絵画主義の中心となった雑誌であり、美術運動の総称。幾何学的デザインと少ない色数が特徴であるが、ジャケットは間違いなくそのスタイルを意識している。日本盤は2003年発売。
3
WHITE BLOOD CELLS
2001年。前作の路線からブルースを減らした作風。メグ・ホワイトはバック・ボーカルをやるようになった。ギターの音が太くなったため、ベースがなくても違和感を感じることはなくなった。カバー曲はない。特定のジャンルやアーティストを連想させる要素が薄くなったことでバンドの個性が出た。このアルバムで日本デビュー。発売は2002年。
4
ELEPHANT
2003年。オープニングの2曲は、ギターのワン・フレーズだけですぐに覚えさせてしまうほどの強い印象がある。「イン・ザ・コールド、コールド・ナイト」はメグ・ホワイトが初めてリード・ボーカルをとり、ドラムを演奏しない。ジャック・ホワイトによるピアノやオルガンが多くなり、ギターとともにキーボードがメロディー楽器の一角を占める。カバー曲を入れずにアルバム全体が長くなり、作曲能力、アレンジ能力が向上していることを示した。「セヴン・ネイション・アーミー」「ブラック・マス」収録。
5
GET BEHIND ME SATAN
2005年。サウンドがかなり変化。メロディー楽器は多くの曲がピアノとなり、エレキ・ギターが出てくる曲は少ない。このアルバムで注目すべきは、メロディー楽器の交代よりも、ジャック・ホワイトのボーカルの表現力だと思われる。デビュー盤以来のロバート・プラント型ボーカルで、ピアノやアコースティック・ギター中心の曲でも細かい表情の違いを再現することができている。
 
WALKING WITH A GHOST
2006年。カバー2曲とライブ4曲のEP。カバーは両方ともスタジオ録音で、ごく最近のバンドのカバーをしている。
6
ICKY THUMP
2007年。これまでどおりのサウンドだが、「イッキー・サンプ」「アイム・スローリー・ターニング・イントゥ・ユー」「ア・マーター・フォー・マイ・ラヴ・フォー・ユー」など、オルガンとギターが同時に演奏され、ライブでは再現できない曲がある。ギターが2本以上ないと不可能なサウンドもある。ただ、2人では演奏できなくても3人では可能なので、足で弾くオルガンなどを開発すれば2人でも再現可能だ。「コンクエスト」はパティ・ペイジのカバー。トランペットが入る。ボーナストラックの「ベイビー・ブラザー」はエリヴィス・プレスリーのような歌い方。
 
UNDER GREAT WHITE NORTHERN LIGHTS
2010年。ライブ盤。2枚組で、1枚目が92分のドキュメンタリー映画、2枚目が59分のライブCDとなっている。オープニング曲はライブ会場が暗転するところから始まり、エンディング曲の「セヴン・ネイション・アーミー」はライブの終了シーンで終わる。ボーカル兼ギター兼キーボードとドラム兼ボーカルの2人だけで、さらに多重演奏できない状況でライブを行うとどんなサウンドになるのかを、分かりやすく伝えている。もちろんサポート・ミュージシャンは使っていない。曲の途中で楽器を持ち替え、ボーカルもこなすジャック・ホワイトの才能をあらためて確認できる。不完全な編成が生み出す緊張感(スリル)を、バンドの求心力で解放している。
 
BROKEN BOY SOLDIERS/THE RACONTEURS
2006年。ホワイト・ストライプスのボーカル兼ギター、ジャック・ホワイトが参加している。4人編成。ベースとドラムはグリーンホーンズのメンバーで、ジャック・ホワイトが気に入っているという。ジャック・ホワイトがボーカルも突出した実力をもっていることを示すアルバム。あまり有名でない70年代のハードロック・バンドに近い。「ステディ、アズ・シー・ゴーズ」収録。「ブロークン・ボーイ・ソルジャー」はクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの「キャリー・オン」に似たリズム。ジャック・ホワイトのボーカルもいい。もう1人のボーカルであるブレンダン・ベンソンは低めの声で、ジャック・ホワイトと対照的だ。
CONSOLERS OF THE LONELY/THE RACONTEURS
2008年。ホワイト・ストライプスの曲を4人編成のバンドで演奏しているようなサウンド。ドラムはホワイト・ストライプスのメグ・ホワイトとは歴然とした差があり、安心感がある。アルバムタイトル曲、「サルート・ユア・ソリューション」はガレージロック。「ユー・ドント・アンダースタンド・ミー」「ホールド・アップ」「ファイヴ・オン・ザ・ファイヴ」はロックバンドを想定した曲になっている。「オールド・イナフ」はバイオリンとオルガン、「ザ・スウィッチ・アンド・ザ・スパー」「メニー・シェイズ・オブ・ブラック」はホーンセクションとピアノを使う。
 
BLUNDERBUSS/JACK WHITE
2012年。ジャック・ホワイトのソロアルバム。主にボーカル、ギターを担当し、曲によってピアノも弾く。ベース、ドラム、ピアノを含めた4人編成での録音が多い。ホワイト・ストライプスがやや柔らかく、古風になったような音で、ロックンロールというよりはそれ以前のサロン向けポップスのようなサウンドだ。ジャック・ホワイト特有の吸着するようなギターはあるが少ない。曲ごとに担当楽器がソロまで含めてすべて書かれているので、ジャック・ホワイトの演奏は特定しやすい。
RAZARETTO/JACK WHITE
2014年。オープニング曲はピアノを弾きながらボーカルをとり、2曲目以降はギターを弾きながら歌う。前作よりも参加するアーティストが多くなり、オルガン、ピアノ、シンセサイザー、バイオリン、ペダルスチール等があることを前提とした曲が多い。インスト曲の「ハイ・ボール・ステッパー」、シンセサイザーを2台使うアルバムタイトル曲が突出した印象を与えるのは豪快なギターがロックらしさを強調するからか。ガレージロック風のギターはいまだジャック・ホワイトのトレードマークだ。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com