HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

VAMPIRE WEEKEND

1
VAMPIRE WEEKEND
2008年。邦題「吸血鬼大集合!」。ボーカル兼ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人編成。アメリカ、ニューヨーク出身。キーボード、ストリングスが入ったアークティック・モンキーズのようなサウンド。ストリングスはチェロが中心で、バイオリンよりもクラシック風に聞こえる。サウンドはパーティーというほど派手ではなく、アフリカらしいパーカッションも、曲によっては、という印象だ。
2
CONTRA
2010年。メロディー楽器もリズムを主体にした演奏で、音のひとつひとつが細かく刻まれる。バンド編成だがギターの音は少ない。ドラムを含めた打楽器が多彩で、リズムも単純ではない。音のほとんどを減衰音にしてサウンド全体を涼しくしている。ニューヨークから出てきたバンドにしてはサウンドで聞き手をねじ伏せるところがなく、引き気味であるところが知性を感じさせる。
3
MODERN VAMPIRES OF THE CITY
2013年。ボーカルがギターを演奏しなくなり、キーボード奏者がベースとドラム以外の楽器をほぼすべて演奏している。従ってサウンドの主導権はキーボード奏者にある。使われている楽器は古風だが、音の編集、加工の仕方が現代的であるため、懐かしさによる安心を感じながら、古さを感じないサウンドになっている。「アンビリーヴァーズ」「ウォーシップ」は60年代後半の発展途上国の音楽を思わせるアップテンポの曲。「ダイアン・ヤング」はハードなロック。「ドント・ライ」は60年代前半のソウルのようなサウンド。ジャケット写真は1966年にニューヨーク・タイムスに掲載されている写真で、ブックレットはそのことを強調している。バンド側がイメージするサウンドは、1966年ごろの英米の若者にあった漠然とした不安の中の少しの希望であり、それは現在の先進国都市部の若者と同じとみられる。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com