HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

AMERICAN TEARS/TOUCH

 
VALHALLA/VALHALLA
1972年。アメリカン・ティアーズ、タッチのキーボード、マーク・マンゴールドが最初に出したレコード。キーボードを含む5人編成で、キーボードはほとんどがオルガン。ほとんどの曲をマーク・マンゴールドが作曲している。アメリカのバンドでありながら、ゲルマン神話の「バルハラ」をバンド名に使っている。ジャケットは明らかに北欧のバイキング船の構造。オルガン中心であるため、バニラ・ファッジを想起するが、曲によっては軽くオーケストラも入り、ややプログレッシブ・ロック風でもある。時代背景を考えれば、当時の流行を取り入れた極めてオーソドックスな音だろう。
1
BRANDED BAD/AMERICAN TEARS
1974年。マーク・マンゴールドが新たに結成したトリオ編成のバンド。マーク・マンゴールドは全曲を作曲、ボーカルも全曲でとっている。キーボードはシンセサイザーを導入してバラエティーに富んでいるが、基本はオルガンとピアノ。メロトロンも使用し、70年代中期のイギリスのバンドがやっていたようなプログレッシブ・ロックとポップスとロックが混ざったサウンド。ロックンロール的軽さはない。
2
TEAR GAS/AMERICAN TEARS
1975年。大きくプログレッシブ・ロック方向に向いたアルバム。アナログでいうA面に8分の曲が2曲あり、これが特異な構成を持った曲になっている。キーボードもシンセサイザー、オルガン、メロトロンを駆使してスペーシーな雰囲気を出している。B面冒頭のアルバム・タイトル曲もそういう感じの曲だが、それ以外の曲は普通のロックバンドの曲とそう変わらない。
3
POWERHOUSE
1976年。ギターが新たに加入し4人編成になった。ベース、ドラムも入れ替え。ポップ化した。このころになると、キーボードが活躍するプログレッシブ・ハードロックのバンドが大きな成功を収めていたので、ある程度その流れに沿った作風だ。「リッスン」と「ラスト・チャンス・フォー・ラヴ」はタッチのメンバーで再レコーディングされる。「キャント・キープ・フロム・クライン」は名バラード。
 
TOUCH/TOUCH
1980年。アメリカン・ティアーズのメンバーのうち、ベースを入れ替えて結成されたバンド。ボーカルを3パートに分け、コーラスを重厚にしている。高音を歌うギターをリードボーカルにしたのは正解だった。しかし、この音をして、モンスターズ・オブ・ロックに出演したことは大きな間違いだったと思われる。ヘビーメタル、ハードロックのバンドと認識されることはファンの広がりにおいてかなりマイナスで、ジャーニーやボストン、スティクスのファンに聞かれるべきであったのが、不幸にもヘビーメタルというハードさを重視する音楽のファンに聞かれることになった。モンスターズ・オブ・ロックに出演したこと自体は名誉であったかもしれないが、それはバンドに必要な名誉であったかどうかは疑わしい。「ブラック・スター」はクイーンの「ストーン・コールド・クレイジー」を思い出す。「朱いスピリット」収録。マーク・マンゴールドが関わったバンドでは最高傑作。
 
/TOUCH
1981年にレコーディングされたが発売されなかったアルバム。前作と同路線ではあるが、サックスが入った教科書的なAORがあったり、ニューウェイブ的なサウンド処理があったりして同時代的だ。シングル・ヒットを狙える曲やハードロックも残っており、バラエティーに富んでいるとも言える。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com