HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

TERRA NOVA/AQUILA

1
LIVIN' IT UP
1996年。オランダの5人組。ポップさと爽快さを兼ね備えたサウンド。イメージに合うように日本ではジャケットが変更されている。曲のほとんどの部分でキーボードとギターの音が鳴っているため、音が厚い。明るめのハードロック。「ヘイ・ベイブ」収録。日本のレコード会社がオリジナル・アルバムから3曲をカットしているので、日本盤は純粋にアーティストの意思を表しているとは言えない。
 
LOVE OF MY LIFE
1996年。シングル盤。6曲のうち未発表3曲、未発表バージョン1曲。未発表曲はアルバムから外された3曲。
2
BREAK AWAY
1997年。80年代以降のジャーニー、キーボード導入期のヴァン・ヘイレンに似るところもある。オルガンの音が多い。分厚いコーラス。2作続けてジャケットを変えている。
3
MAKE MY DAY
1999年。1曲目の間奏はエイジアを意識したか。日本向けだという「アイ・ウィル・ビー・ゼア」はヴァレンシアを想起させる。アルバム・タイトル曲はホーン・セクションが入る。80年代ハードロックを中心に、様々なジャンルから影響を受けていることが分かる。
 
MAKE MY DAY
1999年。シングル盤。「ターン・ミー・ルーズ」「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」はアコースティックバージョン。
4
SAY YEAH/AQUILA
2001年。テラ・ノヴァの4人のうち3人が在籍するバンド。キーボードを含む5人編成。コーラスは低音部が無くなったのでテラ・ノヴァ時代より控えめ。はじけるようなメロディーは若干薄れてリラックスした曲が多い。ドラムの音とギターがアコースティックに聞こえるのでハードロックからロック、ポップスになったという印象を持たれやすいだろう。
 
WIDE OPEN/AQUILA
2002年。シングル盤。アルバム未収録曲3曲収録。「ラジオ・アクティヴ」はビートが効いたロックン・ロール。「ホーム」はパーカッションとアコースティック・ギター中心のゆったりした曲。「アイ・スティル・ビリーヴ」はアコースティック・ギターを使うがサウンドは軽めのロック。
5
MAN WITH A MISSION/AQUILA
2004年。ボーカルのフレッド・ヘンドリクス、キーボードのロン・ヘンドリクス、ドラムの3人が正式メンバー。ギター2人とベースはゲスト・ミュージシャンの扱い。ポップさは以前からあるが、ポップである方に大きくシフトして、デビュー当時のドラマチックさが控えめになっている。前作よりハード。
6
ESCAPE
2005年。デビュー当時からいるボーカルとキーボード、ギターの3人で再結成。爽快さはデビュー当時並みで、特にキーボードはストリングスの使い方がすばらしい。これだけでテラ・ノヴァが新しいポップさを身につけたという印象を持たせる。アメリカの同系統のバンドに比べ、ロックンロールがほとんどないことと、ボーカルに黒人風の歌い回しがないのが特徴。ファイナル・フロンティアにも言える。オープニング曲から3曲目までタイトルが「ロング・リヴ・ロックン・ロール」「ロック・ボトム」「ホールド・ザ・ライン」となっているが、カバーではない。
 
BEST OF+5
2006年。ベスト盤。新曲5曲収録。5曲のうち1曲がオープニング曲になり、残りの4曲は最後に配置されている。オープニング曲の「アイ・ワナ・ノウ」はハードな曲。ギターはこれまでで最もハードだ。それ以外はこれまでの路線。
7
COME ALIVE
2010年。ドラムが加入し4人編成。最初の3曲がすばらしい。明るい曲がほとんどで、聞いていて陰鬱になることはまったくない。コーラスの使い方もよい。デビュー時と変わらないメロディーとサウンドだ。
8
REINVENT YOURSELF
2015年。ノイズのない1980年代アメリカのイメージを再現するようなサウンドは、社会があたかも白人だけしかいないような不遜な思考を象徴しているとして、90年代以降は忌避の対象となる。しかし、そのようなサウンドを好む人が消えてなくなるわけではなく、ハードロックにおいてはフロンティア・レーベルに集まるようなバンドが彼らの要望に応えている。テラ・ノヴァもその一つになるだろう。キーボードが出てこないギター主体の曲もあるが、多くはシンセサイザーをキーボードとして、前向きなメロディーを演奏する。爽快さも以前と変わらない。
 
TWO OF A KIND/TWO OF A KIND
2007年。女性2人をボーカルとし、テラ・ノヴァのギター、ベース、キーボードとヴェンジェンスのドラムが参加するバンド。ベースのフレッド・ヘンドリクスはテラ・ノヴァ時代はボーカル兼ギターだった。フレッド・ヘンドリクスが全曲を作曲、プロデュースもしている。ボーカルはどちらかがソロを取るのではなく、2人同時に歌うことが多い。コーラスは多声で厚い。「トゥ・ザ・トップ」など、ボーカルを入れ替えるとそのままテラ・ノヴァになる。「ザ・ロンゲスト・ナイト」はアップテンポでいい曲。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com