HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

STYX

1
STYX
1972年。アメリカン・プログレッシブ・ハードロックの5大バンドの中では最も早いデビュー。当初は「スタイクス」と呼ばれていた。「ベスト・シング」「クイック・イズ・ザ・ベスト・オブ・マイ・ハート」収録。1曲目から4部構成で13分超の大作。デニス・デヤングのキーボードは明らかにキース・エマーソンの影響を受けている。
2
STYX II
1973年。「レディ」「ユー・ニード・ラブ」収録。長い曲もあり、普通のロックンロールもあり、すでに個性を確立している。デニス・デヤングが5曲、ジョン・クルルスキーが2曲。トリプル・ボーカル、ダブル・ギター、ダブル・キーボードなので、カンサスと似たところがある。
3
THE SERPENT IS RISING
1973年。メロトロンを本格的に導入。「アズ・バッド・アズ・ジス」の後半はハリー・ベラフォンテの「バナナ・ボート」か。ラスト曲は「ハレルヤ・コーラス」。「ヤング・マン」「22イヤーズ」収録。
4
MAN OF MIRACLES
1974年。デニス・デヤングの作る曲とジョン・クルルスキーの作る曲のニュアンスの違いがはっきり分かる。デニス・デヤングはメロディアスというよりはプログレッシブ・ロック風でドラマチック。ボーカル・ハーモニーを駆使するのもデニス・デヤング。「ア・ソング・フォー・スザンヌ」「マン・オブ・ミラクルズ」で顕著だ。
5
EQUINOX
1975年。邦題「分岐点」。大手のレコード会社に移籍。初期の傑作「スイート・マダム・ブルー」収録。「ローレライ」は普通のラブ・ソングだが、曲の後半に重厚コーラスが次々と重なってくるあたりは、ドイツ・ライン川のローレライ伝説を踏まえている。「ミッドナイト・ライド」はアメリカの独立戦争にからむレキシントンの戦いで、イギリス国王軍の動きを独立軍に伝達した「真夜中の騎行」を踏まえている。「真夜中の騎行」はアメリカ独立の際の愛国的行動としてアメリカ人のほとんどが知っているできごと。
6
CRYSTAL BALL
1976年。ジョン・クルルスキーが脱退し、トミー・ショウ加入。3作連続でクラシックの有名曲を取り入れている。最後の曲がドラマティックで長いのも踏襲。
7
THE GRAND ILLUSION
1977年。芸術的なジャケット。「大いなる幻影」で始まり「グランド・フィナーレ」で終わる。全曲がシングルになってもおかしくないほど充実した内容。トミー・ショウの初期の名曲「怒れ!若者」収録。「永遠への航海」ではジェイムズ・ヤングがシンセサイザーを弾いている。
8
PIECES OF EIGHT
1978年。「古代への追想」という副題がついている。しかし、この副題に沿った曲を書いているのはデニス・デヤングだけで、トミー・ショウの書いた曲は普通のロックだ。普通と言っても、どれもヒット性のあるいい曲。インストの「アク・アク」はイースター島の「アク・アク伝説」と思われる。「アイムOK」のパイプ・オルガンはシカゴの教会を使用。長めの曲はなくなったが、展開のある曲を4分や5分にまとめる技術はさすがだ。
9
CORNERSTONE
1979年。一般的にはこの「コーナーストーン」と次作の「パラダイス・シアター」がバンドの代表作という受け止められ方をしているが、ブリティッシュ・ロック的な展開や大仰さを求めていたファンからは受けがよくない。ホーンセクションを入れるにしても、ユーライア・ヒープの「ソールズベリー」のようなクラシック風ホーンならまだいいが、ジャズやリズム・アンド・ブルース風のサックスが入ってくると、ブリティッシュ・ロック指向のファンは動揺してしまう。「ホワイ・ミー」でたじろいだファンは「ボート・オン・ザ・リバー」で落胆を隠せなくなる。しかし、シンセサイザーを背景音にも使い、曲の雰囲気を決定する手法は、ロックの中でのシンセサイザーの位置づけに新しさを与えた。特にバラードでその効果が発揮され、「ベイブ」は80年代のロックのバラードのあり方を示したと言える。
10
PARADISE THEATRE
1980年。実在のシアターを題材にしたコンセプト盤。好セールスを記録。ジャケットと裏ジャケが対応している。「時は流れて」「ザ・ベスト・オブ・タイム」収録。
11
KILROY WAS HERE
1983年。邦題「ミスター・ロボット」。再びコンセプト盤で、最後のスタジオ盤。「ミスター・ロボット」は日本語を使用。「愛の火を燃やせ」収録。
 
CAUGHT IN THE ACT
1984年。ライブ盤。どの曲もヒット曲もしくはスタジオ盤のハイライト曲。
12
EDGE OF THE CENTURY
1990年。トミー・ショウの代役にグレン・バートニック。どの曲もそこそこ売れそうなアダルト・オリエンテッド・ロック。「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」収録。
 
GREATEST HITS
1995年。A&M時代のベスト。11年ぶりに黄金期の5人で「レイディ’95」を録音、収録。
 
GREATEST HITS PART.2
1996年。「グレイテスト・ヒッツ」に収録されなかった曲から13曲と、グレン・バートニック在籍時の未発表2曲を加えたベスト盤。「リトル・スージー」はゲイリー・グリッターの「ロックン・ロール・パート2」風、「イット・テイクス・ラブ」はバラード。
 
RETURN TO PARADISE
1997年。再結成ツアーのライブに新曲3曲を加えている。亡くなったドラムのジョン・パノッゾに変わりトッド・ズッカーマンが加入。新曲はいずれもバラード。「ディアー・ジョン」は亡くなったジョン・パノッゾについて歌った曲。
13
BRAVE NEW WORLD
1999年。9年ぶりのスタジオ盤。デニス・デヤングとトミーショウが揃った組み合わせでは16年ぶり。トミー・ショウとともにダム・ヤンキースで活動していたナイト・レンジャーのジャック・ブレイズが2曲、作曲に関わっている。全体に陰鬱で、全盛期の明るさは控えめ。
 
ARCH ALLIES LIVE AT RIVERPORT
2000年。REOスピードワゴンとのダブル・ヘッドライナー・ツアーのライブ。ボーカルはデニス・デヤングに代わってローレンス・ゴーワン、ベースはチャック・パノッゾに代わってグレン・バートニック。2枚組で一方はスティクス、もう一方はREOスピードワゴンのライブを収録。両方のCDの最後の2曲は、両バンド全員がそれぞれのヒット曲を合同で演奏した同一曲。すなわち「ブルー・カラー・マン」と「ロール・ウィズ・ザ・チェンジズ」は計10人でプレイし、両方のCDに入っている。しかもその2曲はバンド単独の演奏でも収録されているので、ダブリが多い。スティクスは実質9曲のうち、「エッジ・オブ・ザ・センチュリー」から1曲、「ブレイブ・ニュー・ワールド」から2曲を演奏。メンバー2人が入れ替わり、オリジナル・メンバーは1人になってしまったが、ボーカルやコーラスはそれほど変化はなく、違和感はない。
 
HITS FROM YESTERDAY&TODAY
2001年。1997年から2000年のライブから選曲。
 
AT THE RIVER'S EDGE LIVE IN ST.LOUIS
2002年。「アーチ・アライズ・ライヴ・アット・リヴァーポート」と同じメンバー。2002年のライブだと思われる。各時代のヒット曲をバランスよく選曲。デニス・デヤング不在で、ジェイムズ・ヤングもかつてほど高音を出さないのでコーラスは中音域が中心。
14
CYCLORAMA
2003年。ライブ盤のメンバーでレコーディングされている。1曲目の冒頭からコーラスが「南無妙法蓮華経」と歌っているが、30年以上前にカナダのライトハウスが同じことをやっているので、さして驚きはない。最後の曲も「ゲンキ・デス・カ」という曲だが、これも「ミスター・ロボット」の延長線上。デニス・デ・ヤングがおらず、ジェイムス・ヤングも高音を出さなくなったのでハイトーン・コーラスはそれほどではない。プログレッシブ・ロック指向のメンバーがいないぶん、曲調はギターが中心のロック。「フーリング・ユアセルフ(パーム・オブ・ユア・ハンズ)」の短いリメイクはビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンが参加。90年の再編成以降では最も充実したアルバムかもしれない。
 
BIG BANG THEORY
2005年。ベースがベイビーズ、バッド・イングリッシュのリッキー・フィリップスに交代。13曲はカバーで、「ブルー・カラー・マン@2120」は再録音。ビートルズの「アイ・アム・ウォーラス」、ザ・フーの「恋のマジック・アイ」、ブラインド・フェイスの「マイ・ウェイ・ホーム」、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの「自由の値」、ラヴィン・スプーンフルの「サマー・イン・ザ・シティ」、プロコル・ハルムの「ソルティ・ドッグ」、ジェスロ・タルの「ロコモーティブ・ブレス」、フリーの「ウィッシング・ウェル」などをカバー。
 
REGENERATION VOLUME I&II
2011年。「分岐点」から「パラダイス・シアター」までの13曲と、新曲1曲、ダム・ヤンキースの2曲を現在のメンバーで録音した企画盤。2枚組。ボーカルはトミー・ショウ、ジェイムズ・ヤング、ローレンス・ゴーワンの3人が交代で取る。デニス・デヤングがボーカルを取っていた曲は、デニス・デヤングよりやや低めの音程になっている。「ブルー・カラー・マン」は「ビッグ・バン・セオリー」に続き2度目の再録音。多くの曲は原曲をほぼなぞる演奏なので驚きは少ない。「永遠の航海」はエンディングが長め。新曲はジェリーフィッシュのような雰囲気があるアコースティックギターの曲。ダム・ヤンキースの2曲はダム・ヤンキースのアルバムにそのまま入っていても違和感はない。
LIVE AT THE ORLEANS ARENA LAS VEGAS
2015年。ライブ盤。「分岐点」から「パラダイス・シアター」までの曲が中心。キーボード、シンセサイザーの音はヒットした当時とほぼ同じになっている。かつてコーラスの高音を担っていたジェイムズ・ヤングが高音を出せなくなったのか、「スイート・マダム・ブルー」「スーパースター」などではコーラスの厚さで補完している。「大いなる幻影」はエンディングで独自の編曲をしている。「ライト・アップ」はジェイムズ・ヤングが歌う。「怒れ若者」はイーグルスのドン・フェルダーがギターで参加。ベースのチャック・パノッゾも一部の曲で参加している。日本盤は2016年発売。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com