HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

STEVE PERRY/TALL STORIES

STREET TALK/STEVE PERRY
1984年。ジャーニーのボーカル、スティーヴ・ペリーのソロ作。ジャーニーのメンバーは参加せず、ロサンゼルスのスタジオミュージシャンによって録音されている。キーボードを含んだロックだが、ジャーニーよりもキーボード、ギターは少なく、スティーヴ・ペリーのボーカルを押し出す形となっている。曲はジャーニー並みにメロディアス。「アイ・ビリーヴ」はジャーニーでは使われないサックスが入っている。10曲全てがスティーヴ・ペリーと作曲家との共作で、7曲はランディ・グッドラムが関わっている。ジャーニーはこのころ、ジョナサン・ケインが加入して「フロンティアーズ」を出しており、バンドとしては絶頂期にあった。全米12位。「Oh、シェリー」は全米3位、「フーリッシュ・ハート」は18位、「シーズ・マイン」は21位、「ストラング・アウト」は40位。
FOR THE LOVE OF STRANGE MEDICINE/STEVE PERRY
1994年。邦題「ストレンジ・メディスン」。前作と同様、ジャーニーのメンバーは参加していない。サウンドも基本的に「ストリート・トーク」と同じだがミドルテンポが多い。バラード主体になるため、スティーヴ・ペリーのボーカルを強調することになる。「遥かなる時」収録。
GREATEST HITS+FIVE UNRELEASED
1998年。邦題「グレイテスト・ヒッツ+5」。ジャーニー以外の曲を集めたベスト盤だが、未発表曲の方が多い。17曲のうち、最初の5曲は「ストリート・トーク」から、6曲目から12曲目までは1988年ごろに作曲したソロアルバム用の未発表曲、13、14曲目は「ストレンジ・メディスン」から、15曲目はアニメ映画用の曲、16曲目はガンのエイドリアン・ガーヴィッツ、ベイビーズのドラムのトニー・ブロックと共作したデモ曲で、ジャーニーの「レイズド・オン・レイディオ~時を駆けて」の「ガール・キャント・ヘルプ・イット」のメロディーが出てくる。17曲目はスティーヴ・ペリーがジャーニー加入前に在籍していたバンドの曲で、録音は1977年。
TALL STORIES/TALL STORIES
1991年。スティーヴ・ペリーの後任でジャーニーのボーカルとなったスティーヴ・オージェリーが在籍していたバンド。4人編成。スティーヴ・オージェリーはボーカル兼ギター。4人だけで再現可能なロック、ロックンロールで、キーボードが使われているのは10曲のうち3曲。80年代のハードロックやジャーニーのようなロックではなく、ロックンロールの力強さ、生々しさを出したサウンド。日本盤は2000年発売。
SKYSCRAPER/TALL STORIES
2009年。スティーヴ・オージェリーが復帰。スティーヴ・オージェリーは1998年から2006年までジャーニーに在籍していた。前作のロックンロール、ハードロック路線に合わせた歌い方。アコースティックギター、ドブロ、パーカッションも使う。近いボーカルはグレン・ヒューズか。
WORLD IN YOUR EYES/ROBERT FLEISCHMAN
2002年。スティーヴ・ペリーがジャーニーに加入する直前に短期間在籍していたボーカルがロバート・フライシュマン。1979年にソロ作を出し、1986年にヴィニー・ヴィンセント・インヴェイジョンのデビュー盤でボーカルをとっている。キーボードを含むハードロック。ジャーニーより中音域が多いが、加齢による枯れたボーカルではない。ギターはザ・ストーム、トゥー・ファイアーズのジョシュ・ラモス、キーボードはチャド・スミス・ボンバスティック・ミートバッツ、インペリテリ、グレン・ヒューズのエド・ロス。プロデューサーはハリケーン、フォリナーのボーカルのケリー・ハンセン。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com