HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

STEEL ATTACK

1
WHERE MANKIND FAILS
1999年。4人編成。楽器編成の表記なし。スピーディーな曲が多いが、大仰ではない。ボーカルが一本調子で、バックの演奏の割には力不足。
2
FALL INTO MADNESS
2001年。ボーカル兼ベース、ギター2人の4人編成。ドラムが交代。前作よりパワフルになり、メンバーだけで完結できる演奏をしている。プライマル・フィア、ハンマーフォールのようなヘビーメタルを追求している。
3
PREDATOR OF THE ENPIRE
2003年。ボーカル兼ベース、ドラムが抜け、ベース、ボーカル、ドラムが加入。5人編成。大きく飛躍し日本デビュー。メロディーが一線級で、大仰すぎたりコーラスが壮大だったりストリングスが入ったりしないオーソドックスなヘビーメタル。ボーカルはスコーピオンズのクラウス・マイネを力強くした印象。デビュー時からこのサウンドを持って登場すればドリーム・イーヴル並みに注目されたかもしれない。
4
ENSLAVED
2004年。ボーカル、ギター、ベースが交代。プライマル・フィアの「デヴィルズ・グラウンド」に匹敵する傑作。ボーカルが前作以上によくなり、ほとんどの曲がヘビーメタルの真ん中を行くサウンド。高速に演奏される曲はむしろ少なく、ヨーロッパ型ヘビーメタルではない。
5
DIABOLIC SYMPHONY
2006年。
6
CARPE DIEND
2008年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com