HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

SHANIA TWAIN

1
SHANIA TWAIN
1993年。デビュー盤。80年代ロックのバンドがグランジ・ロックに押されて発表したようなカントリー、セミ・アコースティック・アルバムのようなサウンド。「ユー・レイ・ア・ホール・ロット・オブ・ラブ・オン・ミー」や「ゴッド・エイント・ゴナ・ゲッチャ・フォー・ザット」「ガット・ア・ホールド・オン・ミー」はロックの雰囲気。このアルバムがカントリーといえるかどうかについては聞き手によって異なるだろう。10曲で30分。
2
THE WOMAN IN ME
1995年。邦題「ウーマン・イン・ミー」。ロバート・ジョン・マット・ランジがコーラスとプロデューサーで参加し、ベースはTOTOのデイビッド・ハンゲイト、ギターはダン・ハーフが参加している。いずれも80年代のハードロック・ブームで成功した人物。ペダル・スチールとバイオリンが多用され、カントリーと呼べるサウンドになった。メロディーを形作るのはギターかバイオリンになっている。オープニング曲は落ち着いたミドルテンポの曲だが、2曲目の「エニィ・マン・オブ・マイン」、3曲目の「フーズ・ベッド・ハヴ・ユア・ブーツ・ビーン・アンダー?」は明るめの曲。1曲平均4分になり、前作から1分伸びた。このアルバムで日本デビュー。当時の日本盤の表記はシャニア・トゥエイン。 
3
COME ON OVER
1998年。前作と同じく、オープニング曲の「スティル・ザ・ワン」はカントリーに近い作風だが、2曲目から5曲目まではロック、ポップスだ。ペダル・スチールやナイロン弦ギターの音を挿入することによって、雰囲気だけをカントリーに似せているが、実質はロック、ポップスのサウンド。「フィール・ライク・ア・ウーマン」はホーン・セクション風キーボードが印象的。「ドント・ビー・スチューピッド」でも同じ手法をストリングスで用いている。「ラヴ・ゲッツ・ミー・エヴリ・タイム」はグラム・ロック、「ホールディング・オン・トゥ・ラヴ」もそれに近い。
 
YOU'RE STILL THE ONE
1998年。シングル盤。シングル・バージョンとLPバージョンを収録。
 
 
WHEN
1998年。シングル盤。アルバム未収録曲1曲収録。99年にも発売されている。
 
 
YOU'VE GOT A WAY
1999年。映画のサウンドトラック用の曲をシングル化。
4
UP!
2002年。カントリーの雰囲気はなくなり、普通のポップス、ロックのサウンド。ペダル・スチールやアコースティック・ギターを使う曲も、ポップスの中の多彩さとして機能する。白人が安心して聞けるポップスという点は変わらない。発売当時はバックの演奏が異なる同じ曲のCDを2枚組で発表している。現在1枚として販売されているCDはレッド・ディスク、パーカッションや民族楽器を大きく取り入れた「リズミック・バージョン」はブルー・ディスクとされている。ブルー・ディスクはカリブ海風にも聞こえる。
 
I'M GONNA GETCH GOOD!
2002年。シングル盤。タイトル曲はレッド・ディスク・バージョン、「セ・ラ・ヴィ」はブルー・ディスク・バージョン、「イン・マイ・カー」は両バージョン収録。
 
 
THE COMPLETE LIMELIGHT SESSIONS
2003年。デビュー前の録音を発売。
 
 
GREATEST HITS
2004年。ベスト盤。「シャナイア・トゥエイン」からの選曲はなし。「ウーマン・イン・ミー」から6曲、「カム・オン・オーヴァー」から8曲。「アップ」から3曲。新曲3曲収録。そのうちの1曲は男性ボーカルとデュエットで、異なる男性とデュエットしている曲が入っているので、曲としては4曲になっている。
 
 
UP!
2005年。シングル盤。CMに使われたので発売された。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com