HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

RIDE

1
NOWHERE
1990年。シューゲイザーの音楽的特徴を備え、聞き取りやすさやポップさとのバランスを保っている。シューゲイザーとしてはマイ・ブラッディ・ヴァレンタインよりも楽器の響きの明瞭さがあり、ボーカルをサウンドの一部ではなくボーカルとして聴かせる。曲の傾向やサウンドの幅に広がりがない若い時に作ったデビュー盤だからこそ、アルバム全体の統一が取れたとも言える。それが名盤の評価につながっている。
SMILE
1990年。「ノーホエア」の前に出していたEP盤2枚を1枚にまとめたCD。各EPの1曲目にあたる曲は高揚感のある曲だ。2枚目の方が質が高いか。
2
GOING BLANK AGAIN
1992年。キーボードを取り入れ、楽器の数を増やした。曲調も明るさを持つことが多い。ギターのディストーションは、シューゲイザーを意識すればそう聞こえるという程度になっている。「リーヴ・ゼム・オール・ビハインド」「タイム・オブ・ハー・タイム」、「クール・ユア・ブーツ」の後半などはシューゲイザーだ。「タイム・マシーン」はベースが目立つ。「ツイステレラ」「ノット・フェイズド」
3
CARNIVAL OF LIGHT
1994年。シューゲイザーのバンドと思われることを意図的に拒否したかのような、60年代から70年代のフォークロック、サイケデリックロックのサウンドとなった。ジャケットもサウンドもザ・バーズの「ミスター・タンブリン・マン」を意識したとみられる。オープニング曲のイントロのタンブーラや「ローリング・サンダー」は60年代の東洋趣味が出ている。「1000マイルズ」「ナチュラル・グレイス」はゼム、ザ・バーズ風。アコースティックギターとオルガンが多用され、オープニング曲の「ムーンライト・メディシン」はディープ・パープルのジョン・ロード、それ以外の曲はギターのアンディ・ベルがオルガンを弾いている。
COSMIC CARNIVAL
1994年。アルバム未収録曲を集めた企画盤。「アット・ジ・エンド・オブ・ユニバース」「レッツ・ゲット・ロスト」「ドント・レット・イット・ダイ」「ウォークアバウト」「ジャーニー・トゥ・ジ・エンド・オブ・ザ・ユニバース(ヴァージョン)」は未発表曲、他の4曲はアルバム収録曲のバージョン違い等。未発表曲のうち3曲はジョン・ロードがオルガンを弾いている。
4
TARANTULA
1996年。「ゴーイング・ブランク・アゲイン」以来のオーソドックスなロックンロールとなり、「ゴーイング・ブランク・アゲイン」と「カーニバル・オブ・ライト」の間のようなサウンドとなっている。90年代のイギリスのロック、ブリット・ポップにあるやや倦怠感を帯びたロックがあり、個性が薄れた時点で解散したのはいいタイミングだったと言える。12曲のうちアンディ・ベルが作曲に関わった曲が10曲あり、ボーカルのマーク・ガードナーが作曲した唯一の「ディープ・インサイド・マイ・ポケット」はオルガンが活躍する。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com