HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

QUEEN/BRIAN MAY

1
QUEEN
1973年。邦題「戦慄の王女」。4人編成。「炎のロックン・ロール」「輝ける7つの海」収録。親しみやすい音とは言えないが個性は強い。コーラスはまだ派手ではない。全米83位、全英24位。
2
QUEEN II
1974年。1曲目から4曲目までブライアン・メイ作曲。5曲目ロジャー・テイラー作曲。ここまでA面。B面はフレディー・マーキュリー作曲。一般にA面はホワイト・サイド、B面はブラック・サイドと呼ばれる。B面の「オウガ・バトル」から「フェアリー・フェラーの神技」「ネバーモア」の流れは傑出との評価が多い。全米49位、全英5位。
3
SHEER HEART ATTACK
1974年。一般のロック・ファンにもアピールできる曲を揃えた。「キラー・クイーン」「ストーン・コールド・クレイジー」収録。オープニングの「ブライトン・ロック」もいい。「リロイ・ブラウン」についてはジム・クロウチの「リロイ・ブラウンは悪いやつ」も聞いた方がよい。全米12位、全英2位。「キラー・クイーン」は全米12位。
4
A NIGHT AT THE OPERA
1975年。邦題「オペラ座の夜」。英国でヒットし、国民的バンドになっていく。「ボヘミアン・ラプソディー」が圧倒的に有名で、「マイ・ベスト・フレンド」もヒット曲として知られるが、「予言者の唄」も、曲の構成、メロディーともすばらしい。ロイ・トーマス・ベイカーがプロデュースしたのはここまで。全米4位、全英1位。「ボヘミアン・ラプソディー」は全米9位、「マイ・ベスト・フレンド」は16位。
5
A DAY AT THE RACES
1976年。邦題「華麗なるレース」。「タイ・ユア・マザー・ダウン」「愛にすべてを」収録。前作から踏襲しているジャケットは4人の生まれた月の星座を合わせたもの。ブライアン・メイは1人でツイン・リード・ギターをこなしている。「手をとりあって」は日本向け。全米5位、全英1位。「愛にすべてを」は全米13位、「タイ・ユア・マザー・ダウン」は49位。
6
NEW OF THE WORLD
1977年。邦題「世界に捧ぐ」。オープニングから「ウイ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」の連打。急激なサウンドの変化。前作まであった「ノー・シンセサイザーズ」というコメントはない。全米3位、全英4位。「伝説のチャンピオン」は全米4位。「イッツ・レイト」は全米74位。
7
JAZZ
1978年。「ジャズ」というタイトルがついているが、音は完全にロック。ハードロックに近い。「バイシクル・レース」「ドント・ストップ・ミー・ナウ」収録。ドラムはエレキ・ドラムで、時代を考えるとディスコの影響を受けたとも考えられる。全米6位、全英2位。「バイシクル・レース」は全米24位、「ドント・ストップ・ミー・ナウ」は86位。
 
LIVE KILLERS
1979年。クイーン初のライブ盤。歓声が大きい。「ウィ・ウィル・ロック・ユー」で始まる。「デス・オン・トゥ・レッグス」のMCでビープ音が入る。全米16位、全英3位。
8
THE GAME
1980年。「プレイ・ザ・ゲーム」のシンセサイザーはスティクスの「パラダイス・シアター」のような音。「ドント・トライ・スーサイド」はストラングラーズの「ピーチズ」を思い出す。「地獄へ道づれ」「愛という名の欲望」収録。コンテンポラリーな音と従来の音が混在。全米1位、全英1位。「愛という名の欲望」は全米1位、「プレイ・ザ・ゲーム」は42位、「地獄へ道づれ」は1位、「夜の天使」は44位。
9
FLASH GORDON
1980年。映画「フラッシュ・ゴードン」のテーマ。クイーンの作品として楽しめるような内容ではない。分厚いコーラスやブライアン・メイの「1人ツイン・リード」はある。全米23位、全英10位。「フラッシュのテーマ」は全米42位。
 
GREATEST HITS
1981年。クイーン初のベスト盤。未発表音源はない。全米14位、全英1位。
10
HOT SPACE
1982年。最後の「アンダー・プレッシャー」以外はロックの激しさや緊張感がほとんどなく、エレクトロ・ポップを聞いているような印象。「アンダー・プレッシャー」はクイーンとデビッド・ボウイの共作かつ共演。問題作とされている。全米22位、全英4位。「アンダー・プレッシャー」は全米29位、「ボディ・ランゲージ」は11位、「コーリング・オール・ガールズ」は60位。
11
THE WORKS
1984年。前作とは変わり、ロック色を取り戻した。「ラジオ・ガガ」は大ヒット。全米23位、全英2位。「ラジオ・ガガ」は全米16位、「ブレイク・フリー」は45位、「永遠の誓い」は72位。
12
A KIND OF MAGIC
1986年。ハードロック。かなりハードな曲もあって、ホット・スペースからの揺り戻しが大きく出た。特に最後の3曲は質の高いロック。全米46位、全英1位。「One Vision・ひとつだけの世界」は全米61位、「カインド・オブ・マジック」は42位。
 
LIVE MAGIC
1986年。2枚目のライブ盤。代表曲の歓声が大きい。ヒット曲が多く、1枚では物足りないと感じさせるほどだ。ロジャー・テイラーがボーカルで貢献している。全英3位。
13
THE MIRACLE
1989年。ロックとポップがちょうどいい具合に融合しているアルバムはこれが最後。全米24位、全英1位。「アイ・ウォント・イット・オール」は全米50位。
AT THE BEEB
1994年。邦題「女王凱旋!」。ライブ盤。1973年のライブ。イギリスのBBCでのスタジオライブなので、スタジオ録音に近い音響効果がある。デビュー盤から「ザ・ナイト・カムズ・ダウン」「ジーザス」を除く8曲を収録。
14
INNUENDO
1991年。「イニュエンドウ」でイエスのギター、スティーブ・ハウが参加。明るい曲は少ない。重厚。何かにプレッシャーをかけられて曲を作ると、ポップで明るい曲は出てこないということを音で示すことになった。全米30位、全英1位。
 
GREATEST HITS II
1991年。「ホット・スペース」から「イニュエンドウ」までのベスト。全米11位、全英1位。
 
 
CLASSIC QUEEN
1992年。全米4位、200万枚。
 
 
LIVE AT THE WEMBLEY 1986
1992年。3枚目のライブ盤。全米53位、全英2位。「愛にすべてを」は全米30位。
FIVE LIVE/GEORGE MICHAEL AND QUEEN
1993年。ライブ盤。6曲収録。このうち5曲がライブ。「愛にすべてを」はワム!のジョージ・マイケルとクイーンが協演したフレディー・マーキュリーの追悼ライブを収録する。「キラー」「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」はジョージ・マイケルが単独で歌い、「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」のイントロからシールの「キラー」、テンプテーションズの「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」に流れる。「輝ける日々」はジョージ・マイケルとリサ・スタンフィールドのデュエットによるクイーンのカバー。ホリー・コールの「コーリング・ユー」はジョージ・マイケルがソロで歌う。「ディア・フレンズ」はクイーンのスタジオ録音で、「シアー・ハート・アタック」収録曲と同じ。
15
MADE IN HEAVEN
1995年。ボーカルのフレディー・マーキュリーは91年に亡くなるが、他界する直前に録音した5曲と、過去のシングルやソロ作品の再録音などで構成した最後のスタジオ盤。過去の曲の再録音では、フレディー・マーキュリーのボーカルを残し、バックの演奏を差し替えている。「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラブ・ユー」もボーカルは84、85年頃の録音。サウンドは全体的にポップスで、「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラブ・ユー」だけがハードなロックだ。全米58位、全英1位。
 
WE WILL ROCK YOU
2005年。シングル盤。「手をとりあって」はブライアン・メイがミックスを新たに行った新バージョン。
 
RETURN OF THE CHAMPIONS/QUEEN+PAUL RODGERS
2005年。フリー、バッド・カンパニーのボーカル、ポール・ロジャースとクイーンのギターのブライアン・メイ、ドラムのロジャー・テイラーがクイーン+ポール・ロジャースとしてバンドを結成した。ベース、ギター、キーボードはゲスト・ミュージシャンが参加し、クイーンのベースのジョン・ディーコンは参加していない。ポール・ロジャースはクイーンがデビューする前からすでに優れたボーカルとの評価を得ており、安定した実力を発揮している。どこを聞いても声に力がある。「ボヘミアン・ラプソディ」は途中のコーラス部分をフレディー・マーキュリーが歌うスタジオ盤で流している。フリーの「オール・ライト・ナウ」「ウィッシング・ウェル」、バッド・カンパニーの「キャント・ゲット・イナフ」など、ポール・ロジャースのヒット曲も歌っている。実質的に25曲収録され、ヒット曲はおおむねある。選曲されていないのは「キラー・クイーン」「バイシクル・レース」「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラブ・ユー」「ドント・ストップ・ミー・ナウ」「フラッシュのテーマ」「アンダー・プレッシャー」など。
 
BACK TO THE LIGHT/BRIAN MAY
1992年。邦題「バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~」。ブライアン・メイのソロアルバム。ブライアン・メイはボーカルとギターを担当。クイーンからはベースのジョン・ディーコンが参加している。有名アーティストではベースにニール・マーレイ、ドラムにコージー・パウエル、キーボードにドン・エイリーが参加。ブライアン・メイのボーカルはそれほどうまくない。コーラスはつくがクイーンほどは凝らない。「華麗なる復活」はコージー・パウエルと共作しており、ドラムがギター以上に目立つ。「ドリヴィン・バイ・ユー」はスペンサー・デイヴィス・グループの「ギミ・サム・ラヴィン」を思わせる。「ローリン・オーヴァー」はスモール・フェイセズのカバーで、ボーカルはマンフレッド・マンズ・アース・バンドのクリス・トンプソン。
 
RESURRECTION/BRIAN MAY WITH COZY POWELL
1993年。邦題「華麗なる復活」。ブライアン・メイの来日に合わせて発売された企画盤。2曲は「バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~」収録曲、2曲はライブ・バージョン。このほか、「タイ・ユア・マザー・ダウン」はクイーンのカバーで、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュが参加。コージー・パウエルが参加している曲は以上の5曲。最後の3曲はブライアン・メイが1983年にエドワード・ヴァン・ヘイレンらと録音した曲で、ロッド・スチュワートのベース、REOスピードワゴンのドラム、アリス・クーパーのキーボードが参加している。「ブルース・ブレーカー」は13分近くあるインストのブルース。
 
ANOTHER WORLD/BRIAN MAY
1998年。ブルース、1960年代のモッズ、クイーンのようなロックなど、ブライアン・メイの音楽的関心を反映している。「オン・マイ・ウェイ・アップ」は前作と同様、ブリティッシュ・ソウルの影響がある。後半にカバーを3曲固めている。このアルバムを録音途中にコージー・パウエルが死亡している。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com