HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

THE POODLES

1
METAL WILL STAND TALL
2006年。スウェーデンのハードロック・アーティストが結成したバンド。4人編成。ボーカルはミッドナイト・サン、ザ・リングのヤコブ・サミュエル、ギターはグレート・キング・ラット、ザ・リングのポンタス・ノルグレン、ベースはライオンズ・シェアのポンタス・エグバーグ、ドラムはR.A.W.のクリスチャン・ルンドクヴィスト。80年代後半から90年代前半のメロディアスなハードロックで、北欧風ではなくアメリカ風のサウンド。ややロックン・ロール寄りだ。キーボードも補助的に使う。サビがコーラスになるのは当然。ボーカルの歌唱力はかなり高い。ただ、12曲のうちメンバーだけで作曲したのは「ソング・フォー・ユー」だけで、作曲にかかわった曲も半数以下だ。「メタル・ウィル・スタンド・トール」はミッドナイト・サン、「ダンシング・ウィズ・ティアーズ・イン・マイ・アイズ」はウルトラヴォックスのカバー。
2
SWEET TRADE
2007年。前作と同路線。ボーカルのヤコブ・サミュエルはほとんどの曲で作曲にかかわっており、中心人物になっている。カバーもなく、バンドの体裁ができてきた。デビュー時からウィグ・ワム、ローディと比較されているが、このバンドは見た目がオーソドックスなロックバンド風で、メロディーも北欧の特徴を最もよく残している。アメリカから出てきても違和感がないサウンドだが、典型的なロックン・ロールや濃度の高いブルース、カントリーはない。メロディーが覚えやすいので、どの曲でもシングルとしてヒットしそうだ。
3
CLASH OF THE ELEMENTS
2009年。
4
PERFORMOCRACY
2011年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com