HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

MNEMIC/SMAXONE

1
MECHANICAL SPIN PHENOMENA
2003年。ギター2人の5人編成。デンマーク出身。キーボードも適度に使いながらソイルワークのようなサウンドを作る。キーボードは現代風で、オルガンやピアノ、シンセサイザーという音ではない。ストラッピング・ヤング・ラッドに近い。
2
THE AUDIO INJECTED SOUL
2005年。前作の路線。キーボードが減り、ギターの音の厚みが増した。ストラッピング・ヤング・ラッドの雰囲気は強くなっている。インダストリアル・ロックのような人工的サウンドは前作に比べると少ないので、よりヘビーメタルに近づいているといえる。曲が短くなった。「ワイルド・ボーイズ」はデュラン・デュランのカバー。このアルバムで日本デビュー。
3
PASSENGER
2007年。ボーカルが交代。キーボードを含むメタルコアのサウンド。キーボードは雰囲気を作るためにバックで鳴らしている程度で、サウンドの基盤はメタルコアだ。通常のボーカルも使う。デビュー当時に見られた人工的電子音はほとんどない。「ピッグファック」には出てくる。
4
SONS OF THE SYSTEM
2010年。
5
MNEMESIS
2012年。
 
REGRESSION/SMAXONE
2005年。ネミックのボーカルとドラムが参加。ボーカル2人、ドラム、ギター兼ベース兼キーボードの4人編成。ボーカルは通常のボーカルと絶叫型のボーカルで役割分担している。メロディー楽器はギターが中心で、比較的多めのキーボードが装飾的に使われる。ギターはヘビーメタルそのままの音なので、全体の音が分厚い。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com