HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

ROLAND GRAPOW/MARKUS GROSSKOPF/MASTERPLAN

1
THE FOUR SEASONS OF LIFE
1997年。イングヴェイ・マルムスティーンに影響を受けた演奏をハロウィン時代からやっていたが、初のソロ・アルバムでも同じサウンドを出している。イントロから続くオープニング曲ではやくもイングヴェ・マルムスティーンと同じパガニーニの奇想曲の一節を用いている。ローランド・グラポウはボーカルも担当。ドラムはハロウィンのウリ・カッシュ、ベースもハロウィンのマーカス・グロスコフ、キーボードはラフ・シルクのメンバー。ガンマ・レイのラルフ・シーパーズ、アクセル・ルディ・ペルが参加。グリーグの「山の魔王の宮殿にて」の一節も使っている。
 
I REMEMBER
1997年。シングル。新曲2曲はアルバムに入れるべきだった。カンサスの「ホールド・オン」をカバーしている。
2
KALEIDOSCOPE
1998年。ボーカルはイングヴェイ・マルムスティーンのマイク・ヴェセーラ、ドラムはレイジのマイク・テラーナ。クラシック色は薄くなり、メロディアスなヘビーメタルになった。クラシック風のギタープレイなのは「リーチング・ハイヤー」くらいだ。前作はボーカルも含めて個人の趣味を大きく出していたが、このアルバムはバンドとしてのまとまりがあって、アルバムの質にも力を入れている。「リッスン・トゥ・ザ・リリックス」のキーボードはヤンス・ヨハンソン。日本盤ボーナストラックはジャーニーの「セパレート・ウェイズ」のカバーを収録。
 
MASTERPLAN/MASTERPLAN
2003年。ハロウィンのギター、ローランド・グラポウ、ドラムのウリ・カッシュ、ヨルン・ランデが中心のバンド。キーボードはチルドレン・オブ・ボドムのヤンネ・ウィルマン。ハロウィンに見られる曲の親しみやすさはなく、キーボード入りのオーソドックスなヘビーメタルをやっている。ボーカルの実力は一級。元ハロウィンのマイケル・キスクがゲスト参加。個々のメンバーのレベルが高いため、アルバムの質も高く、曲も充実している。ただ、オーソドックスな作りが逆に個性を見えにくくしているとも言える。
 
AERONAUTICS/MASTERPLAN
2005年。キーボードが交代。個々のメンバーが自分の主張を出そうとせず、いい曲を作ることを優先させたと思われる。サウンドはヨーロッパ型のヘビーメタルで、キーボードがギターと同じくらいにメロディーを主導する。メンバーだけで録音され、ヨーロッパ型ヘビーメタルのファンが、そうあってほしいと思うレベルの曲とサウンドを持つ。
MK II/MASTERPLAN
2007年。ボーカルがライオットのマイク・ディメオ、ドラムがレイジのマイク・テラーナに交代。ギターとキーボードが主導するヘビーメタルに変わりはない。空間のほとんどをギターとキーボードが埋めているが、大仰なサウンドにはならない。マイク・ディメオのボーカルはライオット時代よりもよくなっている。
TIME TO BE KING/MASTERPLAN
2010年。ボーカルにヨルン・ランデが復帰。ヨルン・ランデとローランド・グラポウ、キーボードのアクセル・マッケンロットの3人がほとんどの曲を共作している。ボーカルが変わり、力強いロニー・ジェイムス・ディオが歌っているような印象。ギター、キーボード中心のドラマティックなヘビーメタルは変わらない。安定したボーカルと演奏だ。
 
NEW PROTECTION/RIDE THE SKY
2007年。ガンマ・レイ、ハロウィン、マスタープランのドラム、ウリ・カッシュが結成したバンド。キーボードを含む5人編成。ギターはヨハンソン、キーボードはストームウィンド、ディオニソスのメンバー。ボーカルとギターは兄弟で、この兄弟とウリ・カッシュの3人が作曲していることが多い。ヨーロッパのヘビーメタルでは一般的になったサウンドで、そうした意味では期待通り、別の意味では驚きの少ない内容だ。ウリ・カッシュはハロウィン時代に、ドラムとは思えない作曲能力で評価を得た人だ。当然期待するレベルも高くなるが、ボーカルの声域もあっていま一歩のところだ。ヨーロッパのヘビーメタルはかなりの数のアーティストが登場しており、いい曲を揃えても聞き手が満足しなくなっているところがつらい。「ア・スマイル・フロム・ヘヴンズ・アイ」はハロウィンを思わせるメロディー。
 
SHOCKMACHINE/SHOCKMACHINE
1999年。ハロウィンのベース、マーカス・グロスコフが参加しているバンド。4人編成で、マーカス・グロスコフはベースとギターを弾いている。ドラムはハロウィンのウリ・カッシュ。ベースが特に強調されているわけではなく、あくまでもバンドとしてのサウンドになっている。ボーカルはパワフルに歌う。オーソドックスなハードロックだが、ハロウィンのメンバーが2人かかわっていること以外は突出した特徴はない。曲の版権は日本のレコード会社が持っている。
 
HELLBASSBEATERS/MARKUS GROSSKOPF'S BASSINVADERS
2008年。ハロウィンのベース、マーカス・グロスコフが、ヘビーメタルの有名ベース奏者と共演したアルバム。ギターは使われず、ベースがギターの役割を担っている。ギターが2人いるバンドのギターがベースに入れ替わり、ベースが3人いるような編成で録音されている。レイジのピーヴィー、ソドムのトム・エンジェルリッパー、デストラクションのシュミーアはボーカルとしても参加。MR.BIGのビリー・シーン、ディオ、ホワイトスネイクのルディ・サーゾ、オーヴァーキルのD.D.ヴァーニ、アクセプトのピーター・バルテス、ピンク・クリーム69のデニス・ワード、ガンマ・レイのダーク・シュレヒター、アーマード・セイントのジョーイ・ヴェラ、DADのスティ・ペダーセン等が参加している。ハロウィンよりもハードなヘビーメタルで、トム・エンジェルリッパーやシュミーアが加わると硬質のスラッシュメタルに近くなる。ハロウィンのメンバーによるハロウィン以外のアルバムでは曲も演奏もすばらしい。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com