HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

MAJESTIC/REPTILIAN/TIME REQUIEM/SPACE ODYSSEY

1
ABSTRACT SYMPHONY
1999年。スウェーデンの5人組。キーボードとギターが演奏技術で掛け合いをする。曲はクラシックに影響を受けたヘビーメタルで、アルバム・タイトル曲ではモーツァルトの交響曲第25番が使われている。イングヴェイ・マルムスティーンとヤンス・ヨハンソンに強い影響を受けており、「オデッセイ」のころの曲を思い出させるところもある。
2
TRINITY OVERTURE
2000年。ボーカル、ギター、ドラムが交代。ドラムは元アーク・エネミー。オープニング曲はイングヴェイ・マルムスティーンの「ライジング・フォース」を想起する。終始キーボードが聞こえるが、アーテンションのビタリ・クープリとの差別化を図る必要がある。
 
CASTLE OF YESTERDAY/REPTILIAN
2001年。マジェスティックの初代ボーカルとドラムが、ギター2人とベース、キーボードを迎えて結成したバンド。ベースはフラワー・キングス、ミッドナイト・サン。曲の良さは演奏技術に関係ないことを教えるアルバムだが、技術はあるに越したことはないことも教えてしまうアルバム。ピアノ協奏曲風にまとめたインストはよい。キーボードはクラシック風だが、マジェスティックの真似をする必要はないことを心得ている。
 
THUNDERBLAZE/REPTILIAN
2002年。ギターが交代し、マジェスティックのギターが加入、元マジェスティックが3人になった。前作からサウンドの方向を変え、純粋なヘビーメタルをやっている。メロディーの中心はギター。ヘビーメタルのあるべき姿を体現している。メロディアスなグレイヴ・ディガーという感じ。傑作。日本盤ボーナス・トラックもよい・「セイバー・ダンス」はハチャトゥリアンの「ガイーヌ」から「剣の舞」。
 
TIME REQUIEM/RICHARD ANDERSSON’S TIME REQUIEM
2002年。マジェスティックの改名バンド。速く弾くときのキーボードの音は決まっているので、聞き手の食傷気味とどう戦うかが問題となってくる。イングヴェイ・マルムスティーンからの影響は変わらないが、作風だけでなく作曲手法も学ぶべきである。プログレッシブ・ロック方面に進むのもひとつの方法だが、目新しさに欠けるだろう。「グランド・オパス」はモーツァルトの交響曲第40番の第3楽章を1分近く使用。ムソルグスキーの「展覧会の絵」からの拝借も見られる。
EMBRAC0E THE GALAXY/SPACE ODYSSEY
2003年。
THE INNER CIRCLE OF REALITY/TIME REQUIEM
2004年。
THE ASTRAL EPISODE/SPACE ODYSSEY
2005年。
OPTICAL ILLUSION/TIME REQUIEM
2006年。
TEARS OF THE SUN/SPACE ODYSSEY
2006年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com