HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

MAGIC!

1
DON'T KILL THE MAGIC
2014年。ボーカルをメインとしたバンドサウンドで、レゲエのリズムがやや多めに使われる。ボーカルは安定しており、キーンに似た声。レゲエのリズムを多用する以外はマルーン5のように全体に厚みを持たせないロック。歌詞や見た目にジャマイカ文化への敬意が感じられるわけではない。「ルード★それでも僕は結婚する」収録。
2
PRIMARY COLOURS
2016年。レゲエのリズムを基本とした明るいポップス。アルバムタイトル曲はレゲエのリズムではないが、アルバムの雰囲気を表している。キーボードも多用される。オープニング曲はホーンセクション、パーカッションを入れた陽気な曲。「レイ・ユー・ダウン・イージー」はショーン・ポールが参加。「レッド・ドレス」「ダンス・モンキー」はレコードのノイズを意図的に入れている。「ノー・リグレッツ」はアコースティックギター、「アイ・ニード・ユー」はピアノ中心のバラード風の曲。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com